異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

春節雲南紀行(4)束河古鎭と麗江の気候

雲南 旅行 麗江

2014年2月2日

束河古鎭

丽江古城を簡単に見た後、ここにはまだ幾つか古城があるということで、
丽江市内古都市観光の後束河古镇に行こうと思いましたが
タクシーで束河古镇に行ってくれというと60元とか。。
メーターを倒せといってもそれなら断るといってきます。
なんて強欲なんだ。。なんだここは。。。どうなってるんだ???
結局30元で行ってくれるタクシーをみつけてそれで行くことにしました。
(メータを倒せばたぶん10元ぐらいで着くと思われる)


途中通行料を払わないといけないのですが、タクシーはフリーパスなので
タクシーで行けば無料になります(2元)



タクシーの値段について、
後で客栈(宿)のマスターにどうなってるのかを聞いたんですが、
タクシーについては誰も管理できないと言ってました。


束河古镇は丽江古城よりも小さいですが、それでも大きい
丽江古城よりも人が少なくて静かな雰囲気です。



既に疲れていたので雲南コーヒーを飲みます。
雲南コーヒーとてもおいしかったです。
ここはちゃんとブラックコーヒーを出してくれます。
中国では三合一といってミルク砂糖がデフォルトの場所も多い。


普通に果物や野菜が売ってます。


ここ麗江の天気はは空気が乾燥、夜寒い、昼は夏みたいに暑い。
平地の標高が2000m以上と高い、日差しが強い。
紫外線が強い。暑いけど全然汗をかきません。
エアコンがないので夜はマジ寒いです。
それなりに準備をしたつもりでしたが、
やはりまだ足りないですね。
この古鎭内のスーパーで
リップクリームと肌が乾燥しない化粧水を買いました。


見た感じ目に留まったのは土産物はこんな感じです。
摩梭族mósuōzúの伝統布のマフラー
雲南の銀
缅甸(ミャンマー)の翡翠とその他の玉(水晶)
雲南コーヒー
普洱茶(プーアール茶)
少数民族の服


包车(一人10元)で麗江古城に戻ります。
夜になって戻り寒くなりました。
食べるところを探します
鍋を食べようと思い鍋を頼みました。

ここの鍋塩辛すぎる。。とてもくどいです。
ご飯もぱさぱさです。
この先食べ物にこまりそうな予感です。


街を歩いていて綺麗な人が多いな〜って思いました。
現地旅行の案内所にも奇麗な人が多かったです。