異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

上海で健康診断に行ってきました。

暮らし、文化 生活


今年も健康診断に行ってきました。
中国語では体检と言います。
これは会社が行っているもので、毎年5月から7月31の間に各地の健康診断所に行くというものなのですが、
場所がいくつか決まっています。
事前に電話していくのですが、土日は既に埋まっています。
私は毎回东方路×潍坊路の齐鲁大厦の中にある健康診断施設です。
美年体检机构という施設です。
前日、花蝶でビールを控えめにし、22時以降は何も食べないで行きました。
朝7:30前に行ったのですが、すでにたくさんの人が列を作っていました。
受付が終ると診察に入ります。
今回システムが変わったのか、なるべくすいているところに誘導するシステムになっているようです。
上海語を話す医者は何言っているのかよくわかりません。。。
普通語もやはり体の単語や動作って使わないので聞き取れないこともあります。
それでも中国語うまいねと言われることもあります。。。
何年って聞かれてわかりましたが、
そう6月30日で丁度5年たったことになります。今6年目と言うことですね。。
時が立つのは早いものです。
まだ結果は出ていませんが、
今回超音波や胸の検査で何も見つからなかったのでよかったな。。。と思います。
レントゲンはなかったです。。


外科の所で男性の医者が、出して、と言ってフルチンになれと言ってきて、前を調べた跡、
更に肛门查不查(肛門は調べるか?)と言ってきてどうするか迷いましたが、結局「查」と言ってしまいました。
指を入れられるこの感覚やっぱり慣れませんね。。


最後に朝食が出るのですが。。。やっぱこの朝食もおいしくない。。。。
所要時間トータルで一時間強と言ったところでしょうかね。。