異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

ファーウェイのスマホは天の川も撮れるようです。

ファーウェイのスマホ、なんか色々抜かれるとか言われていますが、性能はとても良いようです。
以前から星が撮れる撮れると聞いていたファーウェイのスマホですが、中国の友人がファーフェイP20で星空を撮ってみたと話してくれました。
まあその本人はD850使っているので、まあ撮れる程度かなと言ってましたが、その写真がこれです。


私は持ってないのですが設定は以下になるそうです。

天の川をスマホで撮る設定

专业模式(プロモード)
ISO3200~6400
曝光时间(露出時間):25sぐらい
手动MF(マニュアルフォーカス)
曝光补偿(露出補正):-4
三脚固定
RAW保存


友人はISO3200で撮ったそうですが、どこまで加工したかは聞きませんでした。
ぱっと見とても綺麗ですが、詳しく見るとやはり空は少し溶けかかっている感じですね、SNSにアップするくらいなら耐えれそうな感じですね。
とっさのカメラ持ってないときに使えそうと思いましたが、三脚も常時持ってないといけませんね。

そしてファーウェイなら何でも良いというわけでもなさそうです。

センサー

P9からライカ(徕卡)のLOGOが入っている製品ですが、センサーは自体はソニーのようです。

ソースは1年前の記事ですが。。。
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1608561314533833835&wfr=spider&for=pc

华为P20 PRO主摄采用的是索尼的IMX600,1/1.73英寸的传感器
ソニーのIMX600、1/1.73インチのセンサーを採用しているとあります。

このセンサーは、Huawei、Sony、およびフィンランド研究所(以前のNokiaチーム)によって共同開発されたと言われているそうです。
そしれライカと表示されているのはアルゴリズムをLeicaの認証を得たものにしているようです。

センサーがこれ以降の製品じゃないとだめのようですね。

ついでにもう少し調べてみます。
Huawei P30 Proが112、Huawei Mate 20 Pro、Huawei P20 Pro共に109となっています。
DXOMARKで比較をしていたので少し見てみました。
https://www.dxomark.com/huawei-p30-pro-camera-review/
主に見たのはノイズですが、iPhoneと比べるとやはりノイズが少ないですね。
値段も高いんですけどね。。。

スマホもどんどん進化していきますね。
センサー技術はデジカメの方も進化していっているので早々追いつけるとは思いませんが、昼間のISOが低い写真だと余りセンサーサイズにこだわる必要がなくなったかもしれませんね。
ダークノイズを持ち上げなければいけないような場合だと厳しいのでしょうけどね。


ちなみにこれを調べている最中、小米(XIAOMI)のスマホでも天の川撮れるそうだということがわかりました。
ファーウェイは高いけどシャオミーは安いので、一つ買ってみたいですね。。