異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海街頭バレエ撮影会・動体撮影は難しい。

2019-03-11 上海外灘

週末撮影会に行ってきました。今回は久々に街頭バレエということで、モデルさんはバレエダンサーです。
そして場所ですが、南京東路。。。外灘近くです。ここは上海で多分一番人が多い場所です。
まあここでは何度か撮影していますが、運が悪いと観光客がいろいろとうざい場所です。この日は天気も悪かったので人はあまりいませんでしたが、結婚写真を撮影している人達。。。相変わらず多いですね。
女性は肩出しドレスとか。。。まだ3月です。寒いでしょうねw。
www.sonnagaya.com

www.sonnagaya.com

www.sonnagaya.com


ということで早速撮影開始です。モデルさん寒いせいか、体が思うように曲がらないようです。

後このシューズ、普通に街を歩くのはキツイみたいですね。
今回持って行ったレンズが55mmと135mmの2本で、広角を忘れてきました。。。しまったいつもと同じノリで来てしまった。。。。
最初はF値を一番小さい1.8で撮影していましたが、動くと直ぐにピントがずれてしまいます。そして、ピントが合う場所も非常に狭いと来てます。
感覚的にSonnar T* FE 55mm F1.8って開放のピントが凄いシビアな気がします。置きピンするしか無いですね。

最初はそうしてたんですが、あまりにもピントが合わないので、途中から2.2~2.4ぐらいまで少し絞りました。

こういうときはボケなくて連射が効き、手ブレが最強なオリンパスを持ってくればよかったですね。今回はあまり何も考えてませんでしたwww。



モデルさんの方も寒さを気にしてか?あまり飛び跳ねる動作をしたくないようです。まあこちらとしても無理は言いませんが。。。。


途中室内に入ります。どこかの小区だと思いますが、なかなか風情があります。でも。。。この撮影と合うのか?これ。。。。


撮影の合間はダウンを来てましたが、モデルさん相当寒いようです。。寒すぎて先っちょ尖ってますね。

エロい感じはぜんぜん無いですが。。。。


ずっと50mmを使ってましたが、最後に135mmに切り替えです。やはり立体感は135mmのほうが出ますね。

但し、そうと離れないとこの画角にならないので、前に広角35mmぐらいの人がすぐに入ってきてなかなか狙えません。
そしてやはり寒かったからでしょうかね。今回の撮影会は1時間チョットで終了しました。もうちょっと暖かくなったら色んなポーズをしてほしいですね。

静止している場面はまあ良かったのですが、動きがある、例えば足上げ等は、足をあげると同時に顔も動きますので、なかなかピントが合わせられません。
私はピント固定でやってましたが、こういうのは慣れていかないといけませんね。瞳AFだとずっと追いかけ続けるのでしょうか?だったら楽ですねww


終わってから一人で、チョットぶらつきました。


相変わらず人が多い外灘でした。


その他のバレエポートレート撮影会の記事

www.sonnagaya.com
www.sonnagaya.com
www.sonnagaya.com
www.sonnagaya.com