異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

草原で野営・天の川撮影-内モンゴル・シリンゴル草原で星空を撮ろう(4)

前回は上都の遺跡遺跡を観光しました。珍しく観光でしたね。
www.sonnagaya.com

2019-8月7日は七夕でした。アルタイルとベガ、見た人いますかね。。。上海では見れなかったです。
続けて草原の記事です。

2019-08-02/03 シリンゴル草原

一旦宿に戻ります。大体9:40分ぐらいに再度撮影場所の草原に向けて出発する予定です。
私はここのパオから天の川を撮影してみることにします。

21時前ですが、やはりまだちょっと明るすぎですね。もっと南の地域ならこの時間もう真っ暗なんですけどね。
大体21:30ぐらいまで撮影していましたが、まだちょっと明るい感じですね。

そこからまた昼間に見つけた撮影場所に行ってみます。南は真っ暗ですが、やはり西側に。。明るい場所が。。。

まあ仕方ないので、ここで野営の準備をします。
とにかく蚊がすごい。。。長ズボンの上から刺してきます。そしてヘッドライトを付けていたのですが、顔に。。。蚊が。。。。
耳の周りでは常にプゥ~~ンという音が聞こえています。虫よけを大量に塗りたくってなんとかしのぎましたが。。。顔中かゆいです。
テントを組み立てるのに結構時間がかかってしまい、撮影開始が少し遅れました。
私は一人で良いといったのにモンゴル人の友人も付き合ってくれるといいます。運転手さんには大体6:00ぐらいに迎えに来てもらうように話します。


ここから撮影に入ります。南から北に向かって天の川がきれいに見えています。残念なのはちょうど中心部分が光害で白くなってしまってるところですね。
チェアーに座ってずっと上を眺めていたい感じです。

時間が経つにつれて寒くなってきます。トレーナー+軽ダウン+宿から借りてきたオーバーを来ていても寒いです。。。
友人は寒すぎてテントに入ってしまいました。しばらくするとワォーンと狼の鳴き声が聞こえてきますwww
マジカと思ったら。。友人が狼の鳴き声をスマホで探して鳴らしていましたw マジちょっとびひるんだけど。。。
その他にも蚊の音、牛の鳴き声、犬の鳴き声、よくわからない音が沢山聞こえてきます。
また夜中に羊を放牧している人がいるようですが、聞いてみると、放牧を制限されているからよるこっそり放牧しているのではないかということ。。。


でもやはり下のほうがガスっているといいましょうか雲なのか?はっきりと見えませんね。

12時を過ぎるとさそり座、その後、木星も沈んで、天の川中心も沈み、全体が完全に西に行ってしまい、光害と重なってしまいます。また雲が出てきましたね。。。。街の明かりも一気に減っていきますが。。。。

いやまて。。。あれ。。。なんか変だぞ。。。
と思ったらレンズが曇ってます。レンズが冷えすぎていたんでしょうね。今日はレンズヒータ持ってきてません。
というかこんな湿度39%とかのところでレンズヒータが必要になるとは思わなかったです。
拭いてもしばらくすると全く持ってきます。これ。。。。困りましたね。
よく見ると草原の草も完全に湿ってますね。

この日は北側の天の川もすごく濃く出ていたのでちょっと方向を変えて狙ってみました。
北斗七星とカシオペアの両方見えているのは北緯が40度以上有るからですかね。なかなか良い感じです。

f:id:shan1tian2:20190803014750j:plain
北の天の川尻尾

午前2:00ぐらいになると本当に寒いです。これ本当に8月なの???って感じです。

後からコンポジットした星の軌跡です。

北の空


北側には道があってこの時間でもたまーに自動車が通ります。

南西の空


濃い天の川があるので流石に星が多いですね。



ということでカメラは回したままテントに入って寝ることにします。

気づくと大体5時ぐらいでした。友人は起きてチェアーに座っていました。全然眠くないと行って巻いたが、当たりはもう霧でほとんど何も見えてません。
しばらくすると迎えが来ます。テントを片付け、宿に戻ります。


この日は星の撮影は撮影はいまいちでしたが、とても貴重な体験をした気がします。

一日目の星空撮影はここまでで終了です。