異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

内モンゴル星空撮影記(4) 雷の中の星空撮影

引き続き内モンゴルシラムレン草原です。

www.sonnagaya.com

2019-07-04

夕方になってくると、空が再び怪しくなってきます。雲が多くなってきました。少し心配ですね。

このぶんだと結構やばいかもしれませんね。雲がきれいなので雲のタイムラプスを撮ってみました。
思ったより面白くないですね。

youtu.be
雲の様子からすると、風は北西から南東に向かって吹いています。


この日日が沈むのが20:18分ですが、20:00に食事に行くことにしました。

再び昼間の村に行きます。夕飯は餃子の店に入ります。羊肉串は無いのかと聞くと隣の店から羊肉串を買ってきて食べろと言われますw

ここの店主はモンゴル族の人のようです。普通語を話しているのかモンゴル訛りなのかわかりませんが聞き取れない言葉が結構あります。
ガイドさんはガイドさんでマシンガンのようなトーク。。。。早すぎて頭が追いつきません。
どうやらこの草原の現状について文句を言っているようですね。
餃子とスープと、串、これで満足です。スープの中には麺が入っていましたが、これはつぶつぶな麺です。
ガイドさんいわく小さい頃、中国が貧しい時によくこの麺を食べたそうです。


食事が終わって夜空を見上げると。。。星が1つもありません。完全に曇りですかね。
戻る最中ですが、道も真っ暗です。夜と昼では全然感じが違いますね。そして天気が悪いせいか、光が少ない気がします。
ガイドさんは道を間違えましたww
暗すぎて結構危ないですね。これだけ真っ暗でも星が全く見えてません。これは今日は厳しそうですかね。
二人で天気予報を見ていました。

iPhoneは曇りで雷マーク、ガイドさんは流石に雷は無いでしょうと言ってました。
もう2つの違うアプリですが、ガイドさんのアプリは曇り、私のアプリは曇のち雨。
昼間見たときは曇りだったので状況はだんだん悪くなってますね。(iPhoneは朝からずっと雷マーク)
もう天気予報は何が正しいのかよくわかりませんね。


宿まで戻るとキャンプファイヤーをやっています。大きなマイクでメッチャうるさいです。
とりあえず外に出て、空を眺めますが、星が1つ見えて隠れるみたいな感じです。。。。


しばらくすると北の方向に星が出てきたので、カメラを持ってでかけますが。。。
次第に雨が降ってきました。キャンプファイヤーの人たちもさっさと退散して行き、静かになります。
雨はだんだん酷くなっていきます。わたしも外にいるとやばいと思い中に入ります。
部屋の中で三脚を立てて、タイムラプスを撮ってみることにします。角度がいまいちにってしまいましたが。。。。


24:00ぐらいどうやら雨はやんだようです。外に出てみると、南の空に白い線が。。。天の川見えてますね。

タイムラプスの方は多分ちゃんと撮れているんでしょうけど。どんな感じでしょうかね。

ということでガイドさんを起こして、星が出てるので撮りませんかと話をすると、ガイドさんは車まで三脚を取りに行くといいます。
外は真っ暗でガイドさんはなかなか帰ってきません。
そのうち遠くで雷が鳴り出します。。。そしてだんだん星の見えている範囲が狭くなっていきます。

ガイドさんはようやく戻ってきましたが、もはや星は一粒も見えてません。。。。
時間がかかったのは、暗すぎて車がどこにあるかわからなかったようです。


しばらく待ちますが、こちらの上空にも雨が再び降ってきました。傘を使って濡れないようにしていましたが、まあずっと立っているわけにも行かないし、雷怖いし。。。。
そしてガイドさんは以前、草原で火の玉が出たことがあるといいます。それも雷の一種だと。。。
なんか怖いですね。。
しばらく話をしていましたが、だんだん天候が悪くなっていくのでここまでにします。
明日もう一日泊まるのかを確認されますが、明日の天候を見てからということにします。
中に入ってタイムラプスを続けますが、部屋を暗くしていたせいで、そのまま寝てしまいました。 
タイムラプスはカメラの電池切れと同時に終了していました。ちょっと残念ですが、仕方ありませんね。

外に出てみると相変わらずの空。。。星1つ見えません。この日はどうやらここまでのようです。