異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

西安市内の夜と回民(2)街春節西安旅行紀

続けて2015-02-19日です。
乾陵で約半日、高速で西安市内に戻ります。
中心部に着くともう薄暗くなってきました。
南門城壁が見えてきます。

西安グランドパークホテル


先にチェックINです。
泊まったホテルは西安グランドパークホテル(西安君乐城堡酒店)です
このホテル元日系のANAホテルらしくて結構きれいです。
オーナーがシンガポール系に代わったらしくマイルは付きません。
しかしながら日本語が通じるので安心できますね。。。
高い割には狭い部屋ですね。。


ホテル情報:
tripadvisor:西安君乐城堡酒店(グランドパーク西安)

agoda:西安君乐城堡酒店(グランドパーク西安)

西安城壁




春節なので爆竹や花火の音がすごいです。
この西安市内の中心部は城壁に囲まれた城塞都市みたいな感じです。
城壁は明時代に作られたものらしいです。
私たちは南門近くのホテルなので南門に向かいます。
春節だからなのか城壁の上には行灯が沢山飾られています。
この城壁、当たり前ですが外側からは登れません。
内側に行ってみるとチケット売り場がありました。
上るにはチケットが必要です。一人100元。。。高すぎです。。
こんなんに上るだけで100元とは。。。
まあ仕方ないので払って城壁に上ります。登ってみると、
この城壁、幅も広いし、中には自転車のレンタルっぽいのもあるので、
平日は自転車借りて一周したりできるのかなと思ったりしますが、
今回はこの行灯が。。。果てしなく続いています。。。
私的にはこの行灯いらない。。。風情が壊れる。。。と言う感じでしたが。。。
春節時でホテル近くのショッピングセンター百貨店は全てしまっています。
飯食うところが無い。。。。
南門中心からまっすぐ北を見ると鐘楼が見えます。

回民街、鐘楼


実は彼女に聞いて回民街に行くべきだと言う事で、この回民街の事をすこし運転手さんから聞いていました。
こういうところ(回民街)は日本人のツアーではまず行かない場所ではないかと思われます。
回民街は中国人が好きな屋台街です。

回民街に向かいます、地下鉄2号線で钟楼の駅まで行きます。
A出口か、B出口がいいです。
ホテルを永宁门近くに取っていたので一駅で着きます。
(後でわかりましたが、歩いてもそんなに遠くないです)
空いていた店を見つけてとりあえず食事を済ませます。
食べ終わった後、店の人に回民街はどうやって行くのと聞くと、
店の中を通してくれて、ここから行けば近いよと言われました。
凄く親切な店でした。




ここ回民街は屋台街です、この春節時でも休むことなく
沢山の店が開いています。非常ににぎやかです。
名物の肉夹馍も売っています。後から思えば肉夹馍は上海で食べた方が美味しく感じましたがw
後、飴みたいなものを伸ばして、ハンマーでたたいていましたが。。。
これ何だったんでしょうかね、和菓子みたいな感じのものです。2
立ち食いして練り歩く感じの所で人が沢山です。



そのまま回民街を抜けて鐘楼まで歩いていき永宁门まで歩きました。
現地のコンビニはしょぼくてパンも売っていません、近くにファーストフードもないし(空いてない)
ホテルで高い朝食はいやだな。。。
朝食はどうしようか。。。