異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

真夜中の麗江古城で星を眺める-夏の雲南旅行(18)

2018-08-16 麗江古城

梅里星空撮影-ペルセウス流星群撮影旅行に参加する為、雲南省麗江まで行ってきました。
前回までの記事はこちら。

www.sonnagaya.com

どんな旅行にも終わりがあり、今日は最後の夜です。もう少しこの時間に浸っていたかったとも思います。
ツアーが終わって一人になって、さらに少しさみしい感じですが、逆に言うとフリーです。
これで空さえ晴れていればよかったのですが。。。

今回の旅行最後の撮影はホテルの敷地内で行う予定です。ホテル(真美度假客栈)の中庭は結構良い感じです。そのためにここを選んだのですけどね。

ホテル情報:
ジェンメイ ホリデイ イン - 麗江 (丽江真美度假客栈) Zhenmei Chain Hotel Lijiang Shizishan

2:00ぐらいに外に出て3階の高台まで行くと星が見えていました。まさか見えるとは思わなかったのであわててカメラを取りに行きますが。。。。
戻ってくるともうありません。。。。。


最後のチャンスという事で少しだけ仮眠して5:00に外に出ました。星は。。。。あります。。しかも。。なんとオリオン座!!

夏場、オリオン座は明け方に登ってくる星なので、普通のところだと5:00はもう明るいので見えないところが多い?感じですが、この辺の5:00はまだ暗いのではっきり見えています。

youtu.be


しばらくタイムラプスを撮影して、そのまま朝日タイムラプスに突入するつもりです。途中でよくわからない線が入ってきます。ちら見するとレンズに水滴が付いています。部分的に結露しちゃってますね。夏なのでヒーターの類は持ってきてませんでしたが、結露するまで冷えるとは。。。。

最後の夜。。。。結局ほとんど寝てませんね。


そして朝日タイムラプス、肝心な日が出る直前で。。。終わってしまいます。。。。マジか。。計算が甘かった。。。
ちなみに玉龍雪山が見えないのかと宿の人に聞いてみると、前は見れたけど今は建物のせいで見えなくなったと。。。
じゃあどこに行けば見えるのかと聞くと、正面から出て左を真っすぐいけと言われたので、急いで行っています。
もう太陽は完全に出ていますね。

少し開けたところまで行って山を探しますが、見当たりません。。。
近くに居た現地人っぽい人に山はどこかと聞くと、雲の中だと。。。。
終了です。今回の旅行では一度も玉龍雪山を見ることはできませんでした。


残念でしたが、こればっかりは仕方ありませんね。


2回目の麗江でしたが、初めて来たときの感動は今回は無かったですね。自分の目が肥えてしまったのでしょうか?
やはりずっと曇り空で、星がまともに撮れなかったことが原因でしょうか?


ここから現実モードに戻るわけですが、やはりこの旅行の一時って何とも言えない感じがしますね。

帰路に着きます。

ホテルをチェックアウトします。その時に荷物ですが、ホテルの人が麗江古城の外まで運んでくれるとのことでお願いしました。
私より年輩と思われるのおっちゃんが運んでくれましたww

午前11時の飛行機という事で、9時過ぎには飛行場に着きたいと思い、滴滴でタクシーを呼びます。

今回の帰路ですが麗江→杭州が飛行機で杭州→上海は鉄道で帰ります。
どうしてそうしたかというと、いずれにせよ上海直行き便が無い、また値段が高いということがあるからです、南京か杭州だと航空チケットが1000元ぐらい安くなります。
そのあと杭州なら上海まで最速で30分、遅くても1時間ぐらいで着きます。


後から考えると。。。これが。。。いけなかったのかもしれませんが。。。。


とりあえずタクシーで空港に到着です。高速料金10元込みで118元でした。




続く。。。