異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

麗江古城のお勧め客棧で夕焼けを眺める-夏の雲南旅行(16)

2018-08-15 デチェン・チベット族自治州→麗江

梅里星空撮影-ペルセウス流星群撮影旅行に参加する為、雲南省麗江まで行ってきました。
前回までの記事はこちら。

www.sonnagaya.com

ツアー最後の夜は残念な形で終わってしまいました。朝起きると完全な霧です。何も見えません。

写真は昨日の梅里雪山の最高峰

天候ばかりはどうしようもありませんね。まあ天気予報が1ヶ月ずっと雷雨というのはうなずける気がしました。
この日、麗江に戻ってツアーは解散になります。めっちゃ期待した分、ちょっと肩透かしを食らった感じですね。

という事で今日飛行機に乗る人もいると言う事で足早に麗江に戻る事になります。


途中、有料の你好トイレに立ち寄ります。



凄い場所ですね

そして早めの昼食、13日に食べた食事どころで再び昼食です。


食事はこんな感じです。


ちなみにここのトイレはこれです。さっきよりはましですね




その後、シャングリラで一人が下車、どうやらこの日とシャングリラ観光をするようです。

帰りは寝ていたせいもあってか、あっという間にシャングリラの中心までたどり着きましたが、
途中で事故があって渋滞が始まったようです。

幸いにも私達のバスは結構事故に近めだったので、直ぐにその事故現場を過ぎ去ることができましたが、
中国のドライバー。。。。相変わらずですね。対面通行で渋滞してるのに、反対車線を走りやがります。

反対側から車が来たらどうするんでしょうね。。こういうところはまだまだだですね。


最後の休憩。場所的にはまだ麗江に入っていないようですが、またトイレ休憩があります。


ここで洗車もします。人が多いですね。

丽江に入る前に拉市海辺りで検査があるようです。ガイドのアマンが身分証のを出してくれと言います。


今年の4/1から车验(車の検査)が始まったようで麗江に入るバスはチェックされるようです。旅行者やガイドがちゃんと資格持っているかとかのようですね。
他にも何かありそうですが。。。ちなみにアマンは以前は黒ガイドだったと言う事です。この制度があると言う事でちゃんと資格を取ったと。。。

そしてガイドさんから最後の挨拶です。地元の纳西族だけあってこのあたりの観光地で行ってない場所はおそらくないとのこと。という事で近くのお勧め観光地を教えてくれます。

麗江古城は商業化が激しすぎるので、静かなところをみたいなら、束河古鎭がまだ割と静かだそうです。
ここには一度行った事ありますが、麗江古城よりも静かなものの、そこまで静かではなかった記憶があります。
そして秘密情報を。。。。裏門から入るとチケットを買わなくてもほぼ入れるそうです。
www.sonnagaya.com

後は玉龍雪山ですね。ロープーウェイなどを使って4600mまで登れます。周りの景色も最高です。値段はちょっと高いですね。
私はここも4年前に行きましたので今回は行きません。
www.sonnagaya.com


いずれも1日以内で行けるところです。
何か問題があったら連絡してもらってOKという事です。
まあ何処までやってくれるのかはわかりませんが、ありがとうございました。



そしてバスは民航蓝天宾馆と麗江古城北門に停車するとのことです。
民航蓝天宾馆で降りる人はそのまま空港行きのバスに乗って空港まで行けと言う事でしょう。
ちなみにここから古城に行くのもそう遠くありません。
ホテル情報:
民航蓝天酒店(Minhang Lantian Hotel)

そして麗江古城に行く人は旅行を続ける人。。。
私は麗江古城で一泊するつもりなので、麗江古城北門まで乗ります。
日本人一人だけだったので、格好付けてバスの中のゴミを全部集めてガイドさんに渡しておきましたww
ツアーは解散ですが、私はまだ一泊します。麗江古城北門から入って獅子山の客栈を探します。
今日泊まるホテルは真美度假连锁客栈(丽江狮山观景店)です。


真美度假连锁客栈(丽江狮山观景店)

狮山を登る羽目になりますが、事前に調べていたので最短距離で到着しました。まだ日が落ちていません。

ホテル情報:
ジェンメイ ホリデイ イン - 麗江 (丽江真美度假客栈) Zhenmei Chain Hotel Lijiang Shizishan




この客栈の目玉は何と言っても景色です。名前の通り「真美」です。チェックインしましたが、私の部屋からは麗江古城が全然見えませんでした。
部屋を変えてもらおうと思いましたが、眺めの良い部屋は既に埋まっていると言う事で仕方ありませんね。まだチェックイン前だったのでのぞいて見ました。



そして眺めの良い部屋はもう800元とか客栈の領域を超える値段です。
ただし、客栈の展望台っぽい所はどのお客さんも自由に行けるので、角度が制限される部屋の中より、そっちのほうがよいかもしれませんね。
早速夕焼けを取ります。玉龍雪山は北側です。北側は晴れていますが、山が見えません。


もうひとつは割と静かな事です。古城の騒がしさはこの場所まで伝わってきません。
次の日、日の出を見ようとして確認したのですが。。。。建物が一軒建てられて、この客栈から雪山は見えなくなったとのこと。。。。
雪山が太陽に照らされるのを見れればよかったと思っていたのですが。。。残念です。
太陽は見えませんでしたが、夕焼けは割と良い感じで見られたと思います。

youtu.be
静かにずっと眺めてましたが、空の変化が綺麗でした。

狮山には他にも眺めの良い客棧がけっこうあるようです。まったりと眺めたいなら狮山に宿を取るとよいと思います。

後は夜を待つだけですね。最後の夜は果たして晴れるのか。。。。


つづく。。