異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

飛来寺で梅里雪山の星空~一瞬の天の川-夏の雲南旅行(14)

2018-08-13 飛来寺風景区

梅里星空撮影-ペルセウス流星群撮影旅行に参加する為、雲南省麗江まで行ってきました。
前回までの記事はこちら。

www.sonnagaya.com

星空撮影

食事が終わり、ガイドさんからとりあえず外で星を撮ると言う連絡があります。とうとうその時がやってきたようです。
Googleアースで見た景色ですが。。。

梅里雪山をバックにして天の川と流星が撮影できるというイメージ

を想像してここまで来ましたが、
実際今日、星なんて見えるのか???と思いきや、外に出て、少し暗がりに行くと、星がいくつか見えています。
飛来寺風景区には入れないので、少し離れた、割と開けた場所に向かいます。
到着すると既に何人か陣取っていました。良い場所はとられてしまいましたね。

北の空に北斗七星が見えています。そこからひしゃくの5倍分離れた北極星を探しますが、まだ雲の中です。
しばらくすると北極星が見えてきました。ポラスコープで適当に北極星に合わせます。
上海ではすぐ見つかるのですが、ここでは上海とは違い、星が沢山見え過ぎ。。。。どれも明るくて北極星わかりません。
そしてカメラは南側に向けます。ちなみにこの日も流星群は見れるのかを確認しますが、それほど多くは無いと言う事です。

赤道儀を取りつけた三脚にはこの日の為のCANNONEOS6Dを載せます。
もう一個の三脚にはα7S2を付けてタイムラプスと行きましょうかwww
ちょっと興奮してきましたね。

6Dで試しに撮影してみました。雲が多いですが、天の川映ってますね。たた。。。ピントが合ってないですね。。。キーピングに慣れた身体はピント合わせがきついw
レンズはSAMYANGの14mmF2.8を使ってましたが、この期に及んで無望遠の位置おかしくない??後で調べて見ると、1m~3mの位置に無望遠がある気がします。位置がずれちゃったのでしょうか??数日前は大丈夫だった気がするのですが。。。。。
何処が無望遠なのか分からない状態に。。。

α7S2側でも何枚か試し撮りをします。レンズはLAOWAの15mmF2でF2.8に絞ってます。これは良い感じです。

そして6Dのピントを合わせていると。。。。。星が全然みつからなくなってしまいました。あれ???どういうことなんだ????



天候とは非情ですね。。。

まただんだん全体が雲に覆われていきます。。。。
マジか。。。しばらくすると直ぐに全面雲。。。。という情況になってしまいます。この時点で22:00過ぎです。
結局24時近くまで粘りましたが、空は晴れず。。。私は粘ると言いましたが、やはり今日はもう無理だと言われ、そのまま戻る事にします。
本当はコンポジット用の写真を何枚か撮ってたのですが、全部雲雲雲雲雲です。コンポジットもできません。という事で一枚写真を無理やり強調しました。

途中明日の午前の観光地に行くか行かないかの連絡をくれと言う事で、行かない事を選択しました。
夜更けにもしかしたら思ったからです。


戻ってみて、写真を見て気付きましたが、さそり座のアンタレス付近に流れ星が一筋映ってますね。ちょっと広角すぎてあれですが、この画角なら35mmぐらいのレンズ方が良かったかもしれませんね。35mmは重いから持ってこなかったのですが。。。。
昨日に引き続いて少し残念な結果でしたが、昨日よりは天候も良くなっています。もう祈るしかありませんね。


この日の結果は惨敗です


という事でこの日は眠りに着きます。
朝、日の出を取りたい人は、例の展望台へ集合という事ですが、私は行くつもりはありません。



どうせ見えないだろうし。。。。


続く。。。