異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海から麗江までのフライト。遅延ででばなをくじかれる-夏の雲南旅行(1)

しばらく更新していませんでしたが、旅行をしていました。もう8月も後半です。
これからしばらくは2018-08雲南旅行記を書いて行こうと思います。


2018-08-09

最初の目的地は雲南省麗江市です
ちなみに上海~麗江の直通便は少なく、昆明や贵阳等いろいろな場所を経由することが多いようです。
何年かすれば高速鉄道で昆明→麗江の間が3時間で行けるようになるようです。
実は麗江には4年前、2014年に一度行っています。あの時は冬(2月)だったのですが、今回は夏に行く事にします。

四年前の記事↓ ↓ ↓ ↓
www.sonnagaya.com

上海虹橋空港で待ちぼうけ

上海は連日熱い日が続いています。
この日のフライトは16:30分、昆明経由で麗江に向かう事にしています。
14時過ぎぐらいにに空港に着きましたが、夏休みという事もあって上海虹橋空港はごった返しています。
チケット自動取得機でチケットを取ろうと思いましたが、出てきません。。。
時間が速いのかと思い、先に空港内の店で米线を食べました。九桥米线です。
これは米线の中にいろいろなものを後から入れる感じですが、ようはまあ普通の米线と変わりありません。

何度やってもできないので、仕方ないのでカウンターに並びます。
中継でフライト番号が変わるので、自動で出せなかったのですね。
もらったチケットは2枚

荷物は経由でどうなるかわからなかったので確認しましたが、大丈夫だと言う事でしたが、結局預けませんでした。
ゲートをくぐる時、めっちゃチェックをされます。
というのも三脚2つと、レンズ5つ、カメラ3台入ってますからwww

ようやくチェックが終わり、搭乗ゲートを探します。搭乗ゲートは丁度唯一の喫煙所がある場所でした。

まったりと待ちましたが、16時を過ぎても搭乗案内の知らせが放送されません。。。。
現地の天候の原因でフライト出来ないとのこと。。。こっち(上海)がこの天気なのでちょっと信じられない感じです。
それでもすぐにアナウンスされるのかと思えば。。。。。1時間ぐらい経過してもまだです。。。
カウンターの人に聞いても、ちょっと待て
しまいには食事を配りだします。

私は次のフライトが心配だったのでチケットを購入した携程(Ctrip)のチャットで担当者とひたすら相談をします。
アプリ上は上海-麗江となっていたので、担当者も最初意味が分からなかったようで、チケットが2枚あることを伝えます。
携程(Ctrip)の担当者は遅延なのでフライト変更をすることは出来るが、今の段階では変更しない方が良いと言われます。
その言葉を信じました。

そして結局出発したのが18:40分です。


これはどう考えても次のフライト間に合いませんね。

CAに聞いてみるとこの飛行は昆明に降りたあと、シャングリラに行くようです。シャングリラ行きの人は安心ですね。

昆明長水空港


昆明に到着した時(21:25分)は既に麗江行きのフライトは飛び立った後です
マジか。。。。急いで東方航空の窓口に行きます。もう22時近いです。どこに行けばよいのかわからず、いろいろと聞いて回ると、出発カウンターまで行けと言われ。。。。。
そのカウンターで聞いてみると、11時過ぎに別の航空会社のフライトがあるようですが、必ずしも飛ぶとは限らないと。。。。
マジか。。。そんなに天候が悪いのか。。。
ペルセウス流星ツアーは10日までに集合なので、一日余裕があります。一日早めに言って麗江古城を楽しむつもりでしたが、仕方ありませんね。それよりも1日前に行く選択をした事で助かった形です。

どうしようか迷いましたが、結局次の日、10日の7:10分のフライトに変更してもらいました。宿はどうなるのかと聞くと、遅延用の無料ホテルがあるとのこと。。。。そこの人達について行けとwww
続けて今日予約してあった麗江のホテルをキャンセルします。これも携程(Ctrip)の担当者と話し、遅延が理由なので無料でキャンセルしてもらえます。

ある程度人数が集まってからバスでそのホテルに移動することになります。空港からは8kmあると言う事で、朝早いので、やはり近くのホテルに行こうかとも考えます。さらに東方の無料ホテルという事でめっちゃ心配でしたが、建物はともかく結構まともなホテルのようです。

フロントで手前の人が11人の団体で、笑い話が炸裂していました。
ホテルのフロントの女性が一人?ときいて、その人が11人と答えると、1人?と。。。。

ホテル:你们是几个人?ニイメンシージーガレン
その人:十一个人シーイガレン
ホテル:一个人?イーガレン
その人:十一个人シーイーガレン

ホテルの担当者も11人いるとは思わなかったのでしょうね。。。

さらに明日の朝空港まで送ってくれると言う事です。こういう経験は初めてだったので、ちょっとビビってましたが、いろいろな心配事は杞憂に終わりました。
基本2人で一部屋のようで、一人部屋だと100元支払う必要があると言われますが、元々300元ぐらいのホテルに泊まる予定だったのと、見知らぬ中国人と2人は嫌なので、100元払います。
明日の朝4:00にモーニングコールをするとのこと。。

外に出て何か食事所が無いか探しますが、いまいちそういう気分ではないので、飲み物だけ買ってホテルに戻ります。

という事で元々この日は麗江まで行く予定でしたが、昆明泊りとなってしまいました。

中国の飛行機遅延について

今回は携程でフライトチケットを購入しました。遅延について携程の対応は中々良かったと思います。翌日のフライト、当日のホテルについては東方航空が全部やってくれました。こういうところはちゃんとしていて良かったです。
中国では飛行機の遅延が日常化しています。飛行機の乗り継ぎだけでなく、高速鉄道、バスなど、あらかじめ予約しておく場合は、ある程度時間に余裕を持って予約した方がよいと思われます。




つづく