異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国国慶節の光景-気候・体調の変化(8)内モンゴル・アルシャー盟一周旅行

2019-10-01

内モンゴルアルシャー盟一周旅行に来ています。3日目が終わり後半です。今日はいよいよ额济纳旗に入ります。
昨日の星空は綺麗でした。

www.sonnagaya.com


ちなみにこの日は国慶節です。北京などでは70周年記念ということで大々的にやっているようです。
今日の予定は以下になります。今日も結構な道のりです。観光地に到着するのはだいたい15:00ぐらいとのことです。

4日目

阿拉善右旗→额济纳
・黑水城怪树林

中国の国慶節

昨晩同部屋のHさんは昨日夜遅くまで作っていた国慶節動画をグループチャットに流しました。すごく良くできていると思います。
それを少し加工してYoukuにupしました。

v.youku.com


そして朝、道中の休憩ポイントで一旦休憩になります。国慶節ということで中国の皆さんは盛り上がってますね。
今日も道のど真ん中での撮影です。
女性3人に並んで歩いてもらいました。彼女たち今日の観光地での衣装を朝から纏ってます。

こういう感じの写真よくありますが、なかなか良いです。

おっさんのドローンで空撮をしていました。お祭り騒ぎのようです。
上の動画の最後のフレームはそのドローン写真をいただきました。

ここで何人かに撮影を頼まれます。まああまり良い写真は取れませんでしたが。。。。

こっちの専属モデルwさんは割と良い感じで撮影できました。

荒野の美女という感じでしょうか、今日の衣装は昨日と違ってちょっと素敵な感じですね。
スリットが深すぎて、今日のこの風に走光を心配していました。下に安全パンツ履いてないのかと聞くと、風がこんなに吹かなければ問題ないと思って履いてないそうです。
まあ、少しおみ足が見えたほうがかっこよいよとは言いましたが、それほど気にするほどでもないと思います。

一行は再び出発して阿拉善右旗から额济纳旗に向かう途中で一度甘肃省に入ります。ここで食事になります。

この辺の小さい町で食事になりますが、食堂では国慶節のパレードの様子が流れます。このパレードのに興奮する若者たち。。。
中国の若者のの愛国心ってすごいですね。ちゃんと教育されていると思います。日本だとこういう光景は絶対見られませんね。




食事が終わってから、甘肅省から再び阿拉善右旗に向かいます。
位置が酒泉になっていますが、甘肃省の酒泉は敦煌辺りだと思ってましたが、ここも酒泉なんですね。
この道の名は「航天路」どうやらこの辺りは「酒泉卫星发射中心」があるようですね。中国酒泉宇宙センターという感じでしょうか、ガイドさんが絶対に写真を撮るなと言います。
何故かガイドさんは念を押してきます。過去になにかあったのでしょうかね?
見る限り草原に建物がぽつんと立っているだけなんですが、何が問題なんでしょうかね。。
いつまで写真を撮ってはいけないのかよくわかりませんが、暫くはおとなしくしておきます。


阿拉善に入る際に再び検問です。警察がバスに乗り込んできて身分証を見せろといいます。パスポートを見せると、外に出て登録しろと言われますwww
ちょっとビビりましたが、派出所みたいな所に入ると、登録は必要ないと。。あら。。そうなのね。拍子抜けでした。


気候・体調の変化

途中何度かトイレ休憩がありました。実は私はまたしても下痢と言いましょうか、水みたいな透明なのが出てくる状態で、お腹の調子が非常に悪いです。
我慢はできるんですが、常にトイレに行きたい感じです。西北に来るとだいたいこの症状になってしまいます。どうしてでしょうかね?
しかもここらへんのトイレはちょっと用を足すのをためらうようなトイレばかりです。女性陣は我慢する人が多かったように思います。
そのトイレ休憩中例のドローンのおっさんと話しをしました。天候がだんだん悪くなってきているという話です。
どうやら天気の切り替えといいましょうか?とうとうここにも冷たい風が入ってきたようですね。今日の朝も結構寒かったです。
そして昼間は晴れていますが、時間が立つと曇が多くなってくるというこの天気。。。
彼は、明日の胡杨林で朝焼けドローンを飛ばしたいようで、ガイドさんと早く入れないか交渉しているようです。
でも本人は、この天気だと朝焼けはなさそうだとも考えているようです。
こっちは夜空が心配ですね。


バスは阿拉善右旗を抜け、いよいよ额济纳旗に入ります。

阿拉善左旗から额济纳旗までのルート

ようやく额济纳旗に入りましたが、今回のルートはこんな感じで下から回ってます。
直接额济纳旗に行くなら、上の高速を使ったほうが早いようです。

阿拉善左旗から阿拉善右旗

阿拉善右旗から额济纳旗