異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

阿拉善左旗の夜(5)内モンゴル・アルシャー盟一周旅行

2019-09-29 阿拉善左旗

内モンゴルアルシャー盟一周旅行に来ています。この日の観光地も無事に見終わりました。

www.sonnagaya.com


トングリ砂漠を後にして阿拉善左旗のホテルに向かいます。夕日がとても綺麗です。

ちょっとこの夕日を諦めてしまったのは名残惜しいですね。撮影旅行だとこうはならないと思いますが。。。


ホテル情報:
华都宾馆

住所は阿拉善左旗 南环路与贺兰路十字路口东南角です。
阿拉善左旗华都宾馆预订价格,联系电话\位置地址【携程酒店】
この華都ホテルはいつものトリップアドバイザーには掲載ありませんでした。
チェックインして直ぐに夕食に向かいます。私はあわよくば星を撮ろうとおもい、カメラと三脚を持ってでかけようとしますが、同部屋のHさんも持っていくといいます。
私に付き合ってくれるようです。出かけようとすると私のチェックインに手間取ります。
入国した日が2年前なので。。。見つけにくかったのでしょうね。私だけ時間がかかってしまって申し訳ないw

阿拉善左旗の夜

阿拉善左旗の街ですが、建物の作りが皆同じような感じです。そして中国っぽくないです。

先に友人たちにタクシーで向かわせます。
その後、私達もタクシーを探しますが。。。。一向に捕まりません。滴滴もだめです。結局歩いて食事場所に向かうことにしますが、これがまた結構遠い。
途中スタバがないのかという話になり。。。ないないと。。

いやこれだけ大きい街ならあるんじゃないかと。。。結局見つかりませんでしたが。。。
そしてこの街、結構明るいですね。最初のうちは(ホテル近く)割と明るい星、木星、蠍座も見えていましたが、町中に入ると星ひとつ見えません。
まあ、撮影の話は食事が終わってからということで。。。
ついた場所が、火鍋のお店です。ここで火鍋を食べます。

そしてビールのピッチャーが。。。次々と。。。。。。
やばい。。。これ撮影どころじゃないんじゃないか???
中国の若者の旅行を見た気がします。
ここで日本語が少しできる友人たちと本格的に話をしました。まあどうやら片言のようですが、単語単語を話せるようです。
「大哥」は日本語でなんと言うのかと言われ、結局「アニキ」ということで落ち着きました。
そしてこれから私はこの友人たちを日本語読みで呼ぶことにします。


どうやらこの火鍋屋さん。このへんで一番の高級店のようですね。7人で一人あたり200元。。。結構しましたね。
今夜が7人で食べる初めての夕食ですが、毎回これだとちょっと高いですねwww


食事が終わって、店にタクシーを呼んでもらいます。7人なので2台、友人たちを先に行かせて、H、Z、私とで次のタクシーに乗ります。
タクシーの運ちゃん途中で車を止めて、後ろの座席の私に窓を開けてタイヤを見てくれといいます。



あら。。。タイヤパンクしてますね。。


マジカ。。。


行きもあるきだったのですが、帰りも結局少し歩く羽目になります。
ホテルの前までZさんを送り、私達は少し明かりのない場所まで歩いていこうと思います。

が。。。。

歩いても歩いても街頭がなくなりません。これは困りました。ここはタクシーも見つからないので、遠くまではいけないし。。。困ったものです。
ちょっと暗い所にいけば、星は見えていることがわかります。流石に天の川は見えていませんが。。。

これはタクシー拾って郊外にいけば撮影できそうですが、これだけタクシーが捕まらない状況ではかえってこられるか心配です。
そして流石に寒くなってきました。時間も時間ですし、今日は万事休すですね。
仕方がないので、スローシャッターで車のライトでも撮ろうと思いますが、車自体がが少ない。。。。。


まだ日はあります。星の撮影は次の機会にすることにします。ということで2日目はこれで終了です。
明日は7時出発ということで、朝食はホテルが弁当を用意してくれるようです。

つづく。。

最後にどこにいるかわからない!って感じかもしれないので地図を載せます。
上海は一番東の真ん中あたり、阿拉善左旗は地図の左上辺りです。

この日の移動軌跡です。銀川から阿拉善左旗はこの距離感です。