異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

鎮北堡西部影視城観光/銀川から阿拉善左旗へ(3)アルシャー盟一周旅行

2019-09-29

国慶節旅行2日目です。今日から本格的に団体旅行になります。
1日が過ぎました。一日目は銀川に移動しただけです。
www.sonnagaya.com


2日目は銀川から内モンゴルアルシャー左旗に向かいますが、アルシャー左旗自体はすごく近いです。
狭い銀川を出たらすぐに内モンゴルアルシャー盟の左旗になるので。。。

アルシャーは漢字だと阿拉善と書きます。
もともとモンゴル語なんでしょうね?漢字は当てじたと思います。

朝まずはホテルの朝食を食べます。

ガイドさんがバスの席の取り合いをしないようにと話します。
取り合いになるんでしょうかねww

外に出ると見たことがあるおっさんが。。。。以前。。。
なんと!以前南京に行った時に同部屋だったおっさんです。向こうから話しかけてきました。

私は彼に刺激されてドローンを購入したのですが、そのおっさんが再び登場です。このおっさん60すぎですが、ドローン技術はすごいです。
www.sonnagaya.com
前日も銀川の鐘楼辺りでドローンを飛ばしていたようです。


それから今回の同部屋の若者に彼の仲間を紹介してもらいました。少し日本語ができる人が何人かいます。
上海の人はどうやらアニメで日本語を覚えているようです。
その後、少し綺麗めの女性が、同部屋の若者と話をしていました。どうやら彼女目が真っ赤です。
ものもらいかなんかでしょうか??女性一人で参加のようです。
その後、さっきのおっさんと、その女性に、服いっぱい持ってきたのかを聞きますw
持ってきたなら、モデルになって的な話をして、彼女は了承してくれました。多分w
他にもそれらしい衣装をまとった女性が結構います。おばちゃんが多いですが。。。。
やはり女性向けを意識した観光ルートなんでしょうかね??

同部屋の若者は若い女性は、29日はまだ仕事していて、この時期に参加している女性は割と年配の人ばかりだと予想していましたが、どうやらその通りです。
私も国慶節の混雑を避けてこの日程にしたのですが、果たしてこれが吉となるか、凶となるか。。。

バスの座席、前は争いが起きそうなので、結局私は後ろの方の席にしました。
本日の予定は下記のようになっています。
バスは出発してまず最初の観光地、鎮北堡西部影視城に向かうことになります。

2日目の予定

銀川→阿拉善左旗
・镇北堡西部影视城
・腾格里沙漠(トングリ砂漠)中国で4番目に広い砂漠である
・月亮湖

镇北堡西部影视城(China Film Studio)


何のことはない、映画やドラマの撮影現場です。

時代劇の衣装も貸し出されていて、写真を撮っている人たちも結構います。

同部屋の彼楽しんでます。

こういう場所は頭になんかかぶると合います。




遠くには贺兰山があります。乾燥していて空気はイマイチです。


中は明時代の城、清時代の城、老银川の街といったようにセットになっています。

結局全て作り物であるため、全てがイマイチなんですけど、一応写真を取りました。
私達は私と同部屋の彼とその仲間4人+杭州から一人で来ている女性、ガイドさん。と一緒に回りました。
ちなみに私達2人だけ特大リュックを担いでいます。

ガイドさんに重くないのか聞かれますが、はっきり行って重いです。
いろいろな映画?ドラマの撮影地だと紹介されていますが。。。。

知っているドラマが一つもない。

そして、まあとにかく暑いです。これ。。。今日半袖でいけるんじゃないかと思います。
杭州の女性にモデルになってもらい写真を取りながら一通りこの影视城を回っていきました。
途中でドローンも飛ばしますが、やはり乾燥していて、砂が舞っているのか?空がちょっと青くありません。

景色もいまいちでした。賀蘭山の下の方、これ砂ですかね???曇ってます。


たしか贺兰山の壁画の場所もこの辺りだったと思います。

www.sonnagaya.com

なんかこの頃から彼ら若者に「大哥」と呼ばれるようになってしまいましたwなんかドラマの中みたいですね。


镇北堡西部影视城を見終わり、食事になります。近くの食堂街で食事を取ることになります。
同部屋のHさん、その友達のXさん、Fさん、Wさんとその彼女Yさん+杭州の女性Zさん+私。
ここで7人のWechatグループが作成されます。この時は思っていませんでしたが、この先この旅行中、すべての食事はこの7人で食べることになります。


若者ののりというか勢いはすごいですね。


バスは銀川を抜けて内モンゴル、アルシャー盟のアルシャー左旗に入ります。寧夏と内モンゴルの間には万里の長城があります。
以前話したことがありますが、銀川と内モンゴルの境は万里の長城で区切られています。長城の外側は内モンゴルです。


しかし。。。。バスの中では一瞬で撮影チャンスを逃してしまいました。ガイドさん。。。。言うのが遅いよ

なので以前撮影した時に書いた記事を載せます。
www.sonnagaya.com


この頃より開発が進んでいるのか入った場所が違うのか、ちょっとイメージと違ってましたが、まあこんな感じです。
ということで、ここからは内モンゴルに入ります。