異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

胡楊怪树林の夕焼け・額済納旗(10)内モンゴル・アルシャー盟一周旅行

2019-10-01 黑水城怪树林

内モンゴルアルシャー盟一周旅行に来ています。前回までで黑水城を見終わりました。後は怪树林の区域だけです。

www.sonnagaya.com


黑水城ではぐれてしまい、一人ぼっちでしたが、トロッコの乗り口で皆が待っていてくれました。ありがたいですね。
日の入りまでは時間がありません。急いで夕日のスポットに向かうこととなります。


胡楊怪树林

砂漠の中に立つ枯れてしまった胡楊がおばけの木のように立っています。まあ怪树といえば怪树ですね。
それを眺める日まもなく砂漠の砂丘を登って太陽が沈むスポットに向かいます。
なんとか直前に辿り着くことができました。砂漠の砂はもともと黄色いので夕焼けとよく合いますね。
肝心の場所ですが、なかなか良い場所をGETできません。人が多すぎです。

なんとか間に合って、ポートレート撮影を行います。


雲が多いですが、それにしてもきれいな夕焼けです。

日が沈んでしまいました。この紫っぽい空の感じが良いです。

集合写真です。若者はこういうの好きですね。

私が入っていないのがあれですが。。。。

日が完全に沈んでからも怪树を背景にポートレート撮影です。流石にストロボが必要ですね。
私はちゃんと持ってますw マニュアルで適当な明るさになるようにして撮影を行いました。
そこでなんと同じツアーの女の子がLEDのろうそくを取り出しますww小道具持ってきているとは。。。これは負けましたね。

被り物は女の子たちの意見で、彼女ら自らかぶってますw

背景が完全に真っ暗になってないのが良かったです。この暗さだと木の不気味さが出て良いですね。

彼は彼で風景撮影を続けていました。ストロボをシンクロさせて、微妙に木を照らしてました。
しばらくすると私の方はカメラのバッテリー切れです。既に懐中電灯が必要な暗さです。これもちゃんと持ってますw
この暗さだと、胡楊怪树は本当に木のお化けみたいでした。
本当はここで星空を撮影できればよかったのですが、この日の夜空は雲の中ですね。
そして帰りの時間を指定されなかったので、ダラダラとゆっくり戻りますが、歩いても歩いても出口らしきものが見えません。以外に遠いです。
撮影しながらの私達は、次第に遅れていきます。友人たちの姿が見えなくなりました。


どこに行ったのでしょう。


暫く歩くと、偽物の人形でしょうか?人影が見えます。
懐中電灯を照らすと。。。。彼らですwww
どうやら数人結託して私達を驚かそうと思ったようですが、こちらが一枚上手でした。とても残念そうにしていましたが。。。。。。。


ということで出口に到着したのはだいたい20:00過ぎです。バスの中では皆さんが私達を待っていました。。。
すみませんね。でも時間指定されなかったので。。。。。
それにしても今日の専属さん。。。とても綺麗というかクールな感じでした。そのせいでか??
そういえばドローンを飛ばすの忘れてましたね。。。。。


ここの観光、というかポートレート撮影、とても良かったと思います。

ということで胡楊怪树林でした。