異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海の高層ビルが見える部屋で窓の外の景色を入れてポートレートを撮る

週末ですが、木曜日に上海で新コロナウイルスの患者が一人出たようです。この人は夫婦で武漢から上海に来たようですが、5/8の検査では陰性だったようです。
5/18に旦那さんが上海の病院に入院するということで上海の規則で検査を受けると奥さんだけが陽性判定が出て隔離されたとか。。
5/11に上海虹橋火車駅、乘坐地铁10号线、8号线至黄浦区七天酒店西藏南路店というルートで来たようですが、先週月曜日ですか。。。。この記事は20日野記事ですが、情報出るのおそすぎですよね。
https://mp.weixin.qq.com/s/gkw2bvCQb4tBXxiFySfJJA
上海では最近感染予防の気を抜き気味なので改めてもう一回気を入れたほうが良いと思います。


2020-05-17 上海


最近は相変わらずの霧の都上海です。

先週の記事を書いているうちにもう今週末になってしまいました。
今回は室内撮影ですが、このお部屋の外からは上海の景色を見ることができます。なかなか良い部屋ですね。きっとお高いんでしょうね。
まあ上海の部屋って今は見えていてもこの先どうなるかわかりませんからね。というのも同僚の部屋なんかは昔テレビ塔とかが見えていましたが、今は手前にビルが建って見えなくなってしまったと。。。

個人的なテーマとして


窓の外の景色を入れてポートレートを撮る


という目標があります。というのも中と外だと結構明るさが違って、室内の人物を撮影すると、窓はほぼ真っ白になります。
そこをどうするかなんですけど、結局明るさの差を少なくするしか無いんですよね。
本当はシャッタースピードを早くして、背景を暗く撮影する作戦だったのですが、ストロボを忘れたので。。。。

考えているうちに撮影会が開始されました。モデルは最近良くというか昨日も撮影したZeroさんです。

始まるとカーテンを閉められますwww

まあ最初は良いかと思ってふつうに室内撮りの感じで撮影していました。ちなみにストロボ。。。。忘れてきました。
今回は55mmの単焦点のみで行こうと思います。一応Tamron70-180は持ってきているのですが、70mm開始だと狭い室内ではちょっと厳しいですね。

後F2.8だと背景が近い分ボケません。ぼかすにはも近寄るしか無いんですが、70mmだと顔のどアップになってしまいますね。
ということで上海の狭い室内では35mmとか55mmのF値が早いやつのほうが良い気がしています。

続いては外の景色を入れてポートレートを撮るですが、
被写体にピントを合わせると55mm F1.8でも外の景色は相当ボケます。何かわからないぐらいボケます。せめてなにかわかるようにしたいですね。
被写体を少し暗めにして、窓の外の景色がわかるように最悪ビルのシルエットぐらいあれば良いかなという感じで露出を合わせます。

テレビ塔を入れたかったのですが角度的にちょっと無理なので、森ビルと上海中心を入るようにして見ました。
何枚か撮影しましたが、表情と、背景が満足できる写真。。。。なかかな無いですね。この辺は専属モデルで単独撮影だったら簡単にできるとこかもしれませんが。。。。
今回はα7R4のダイナミックレンジに頼るしかなさそうです。


ということで今回は窓の外の景色を入れてポートレートを撮るでした。