異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

GWの星の撮影小旅行IN嵊泗島(5)・ドローンで夕日の撮影

2020-5-3 嵊泗島

5月の連休を利用して、上海から浙江省舟山市の嵊泗島に来ています。今回も一人旅行です。そして星空を撮影するためだけに来ています。
前回の記事はこちらになります。

www.sonnagaya.com


午前中、なんとか帰りのチケットを手に入れたので、安心です。それにしても暑いです。これもう夏なんじゃないという感じです。

そして気が抜けたか、昨日の夜からほとんど寝てないのでちょっと眠いです。
さすがの暑さに昼間の間は外に出ず、部屋の中でまったり過ごします。外に出たら相当暑そうです。この場所、撮影場所としてはまあまあ良さげですが、果たして夜になると光がどうなるか心配です。
なんとなく出前でコーヒーを注文しましたが、到着時間が。。。失敗しました。18:40分と。。。
日の入り時間と大体同じではないですか。。。もっと早く注文しておくべきでしたね。


仕方ないので先に一度ドローンを飛ばすことにします。ちょうど西側は港のある方向です。ホテルからは山が邪魔して完全なる夕日が見られません。
でもドローンならそんなことは全く関係ありませんね。また今日は風もありません。思いっきり飛ばせますね。

ドローンを飛ばしてパノラマを撮影してみると。。。まあまあ良い感じなのではないでしょうかね。
きれいな写真は撮れるんですけど。ドローンはどうも面白みに欠けますね。

出てきた写真の下の方、なんでこんなどす黒いんでしょうかね?あの方向には上海がある?まあこれ以上太陽が下がると、夕日は水平線に入る前に隠れてしまいそうですね。
方法は逆ですが、この黒いのが天の川を邪魔しているんではないかと思ってます。
上海の隣とは言え、星を撮影するためにこの島まで来ているのですから、もうちょっと良い感じのそらを期待していましたが、空の感じは上海の夕方と同じような霞んだ感じですね。


一旦部屋に戻って出前を受け取ってからもう一度ドローンを飛ばしましたが、まだ日の入り前だったのですが、案の定太陽はなくなってました。黒い部分に隠れて見えなくなってます。
今日は風がないのでRonin-SCで星空パノラマに挑戦してみようかと思います。ジンバルの検証はもういい加減これで最後にしたいです。
北極星が見られれば赤道儀も使おうと思います。


夕食は結局、朝買い込んだパンが大量にあったのでそれを消化します。
こういうリゾートは女性と来て食事と、雰囲気を楽しむのが本来の旅行かと思われますが、まあ一人で、こういうのは私ぐらいでしょうね。
ちょっと買いすぎて。。。。これ食いきれないかも。。。時間が待待ち遠しいです。

マジックアワーが終わると、金星や星が見え出し始めましたが、下の方はやはり少しガスがかかってますかね。。。海の水が蒸発?しているのでしょうかね?
温度差が激しいと霧が出るといいますが、この日も霧が出てくるのでしょうかね???なんかそんな気がしますね。。。。

ともあれ。。。。ここから完全に暗くなるまで、しばらく待になります。