異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

5月連休に舟山枸杞岛に行こうと思ってましたが、チケット問題で行けるかどうか怪しくなってきました。

f:id:shan1tian2:20200422125554j:plain

2020-4-22

上海の新コロナ禍は一段落しています。上海市内のほとんどの場所は平常運転になっている感じです。
ということでもうすぐ5月になるということで、ちょっとどこかに行けないものかと考えてみました。
通達があって今年の中国の5月連休は5/1~5までです。もっとも4/26と5/9が出勤日という最悪の状態ですが。。。。
4/22~4/26ぐらいまでは月がほぼ無いので、良い感じなんですけど4/26を出勤日にするとは。。。実質4/25日しか撮影できないじゃないですか。。。。わかってないですね。。


そして5月連休は月があるので余り良い環境ではないのですが、ロケハンを兼ねて今回は星を撮影するために景色とかは度外視して、近間で光害が少ない場所に的を絞って探します。
光害をキーワードに入れると選択肢が一気に減ります。上海蘇州杭州辺りはもう全然だめかなと思われます。
そして団体ツアーの写真をいろいろ調べた結果。。。东极岛,花鸟岛,枸杞岛



このあたりですかね。

上海近辺で最も光害が少ない場所は、実は上海の東、東シナ海に浮かぶ島ですね。

えーっとこれだとわかりにくいのですが、上海との位置関係はこんな感じです。

ここには嵊泗列岛,花鸟岛,枸杞岛,东极岛,衢山岛などがあります。ここの島々は上海市ではなくて浙江省の舟山市になります。
ちなみにPlanitProアプリで確認してみると、以下のようになります。

嵊泗列岛、衢山岛などはやはり割と光害がありますね。それでも環境的には良い部類なのではないかと思います。
そしてこの中で光害の最も少ない場所が花鸟岛、东极岛となりますが、この2島、なかなか良い感じですね。しかし上海側から船は出ていないようです。
上海から船が出ていない=人がいないという感じでしょうかね。だから光害が少ない?みたいな感じです。
浙江省の舟山市からは船が出ているようですが、舟山まで行くのはちょっと面倒ですね。上海から行けるようにしてほしいです。

ここは割と近くて、簡単に行けるようなら環境次第では内モンゴルよりも星撮りに良いかもしれません。天気を見てすぐ行けるようならラッキーです。
一度行って環境を確認したいと考えました。
ちなみにこの島に上海から行こうとした場合まず、东海大桥を通って洋山に行く必要があります。ちなみに橋続きですが、洋山も嵊泗县なので浙江省です。

ここには一度行ったことがあります。
www.sonnagaya.com


ここの島の一番東に沈家湾客运站という港がありここから船に乗ることになります。

調べてみると南浦大桥からバス+船チケットのセットがあるようです。
ネットで調べたら最初は天猫にたどり着いたのでAPPで購入してみようと思います。

念の為、現在外国人が行けるのかを確認してみました。

行けるようですが、健康証明が必要だということです。しかし外国人は船のチケットを現場で買う必要があると。。。何だそれ。。
そして、5月の連休はおそらくチケットは買えないので、行かないほうが良いと言われました。


続いてCtrip(携程)で購入してみようと思います。
Ctripでは購入画面まで行けましたが、利用者を登録しようとすると。。。。。
なんと。。。。以前の情報が使えなくなっていて、情報が不足してますと言われて、搭乗者情報を入れようとすると。。。。パスポートが選べません。。
どうやらパスポートを選べなくしているようです。

ちなみに心配になって高速鉄道のチケットが購入できるかを試してみましたが、こちらは問題ないようです。


なんか色々納得行かないのでWechatで探してみます。公众号で「自在旅游」を关注して
自在旅游→大巴・船票と選択していけば購入できそうです。でもこれも結局同じことでしょうかね???
やはり直接港の公众号で購入したほうが良いかと思い、公众号で「嵊泗客运站」を关注してこの中で購入することにします。

ページを開いて購入に行くと、やはり健康码が必要だとポップアップが出ます。


ここは4日先までしか予約できないようです。

なんか前もって買えないの。。。あれですね。天猫とかCtripとかは先の分まで購入できますが、企業枠なんでしょうかね?
ということで現時点では行けるかいけないかは微妙な感じになってますね。



ということでもう少したった後もう一度覗いてみようかと思います。