異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海豫園子年のランタン祭り撮り放題


2020-03-08 上海

ランタン祭りはいわゆる元宵节の行灯が、発展して行ったものですが、2020年の元宵节は2月8だったのでちょうど一ヶ月経ってようやく、行くことになりました。
というのも新コロナウイルスの影響で、ももともと今年は諦めていたんですが、ある上海の写真仲間から開いていると連絡をもらったので、急遽慌てていくことにしました。
写真の順番が時系列とはばらばらになっています。すみません。。

ちなみに百度の地図で豫園を調べると

「暂停开放」


開放停止状態になっています。上海の映画館や人の集まる場所は軒並み営業停止となっているので、やってないのかと思っていたのですが。。。。。
ということで地下鉄10号線で豫園まで行きます。普段は少なからず人がいる豫園駅ですが、流石にガラガラです。
開いている店もまばらです。なんかゲート閉まっている気がします。。。近寄ってみると。。どうやら入れそうです。
ゲートを抜けるにはアリババ支付宝の随身码がグリーンであることを見せる必要があります。
その後体温検査で問題がなければ入場できました。あとから見ましたが、他の門も同じ用にして入れそうです。

まだ18時前ということで行灯が灯ってません。。18時から点灯するようです。

園内の人もまばらです。

やっている店もあまりないように見受けられます。小籠包の店は流石に開いてませんね。スタバは電気がついているのでやっていると思います。

18時になってメインの行灯は灯りましたが、連続で連なった提灯が点灯しませんね。。この提灯も良い感じなんですけど。。。。 
残念ですね。


そして橋の上に行きます。

よくわからないオブジェとかもありますが、毎年、これ準備するのも大変でしょうね。


メインのネズミ、子年の行灯です。

今年は干支をテーマにした行灯が多い気がしました。




ということで、ランタン祭り自体はやってない??のですが、今年もなんとかランタン祭りの撮影はできました。

それにしてもこんなに人の少ない豫園は初めて体験しました。

帰りに外の景色を撮りましたが、外の建物や行灯はやはりライトアップしないのですね。。。もしかして人を誘わないようにしているのでしょうかねwww


今回のカメラはα7R4とFE55mmF1.8とFE24mmF1.4GMです。三脚は使ってません。