異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

CANNON EFマウント用の星撮影レンズを探し求めてます。

私の持っているカメラですが、EOS6D(改造機)、α7R4、α7S2、EM1Mark2等です、
その中で星の撮影でメインに使っているのがEOS6Dなのですが、EFマウントで広角レンズを調達したいと考えています。
しばらくは一眼はなくならないのでしょうけど、でも実はなんかいまさらEFマウントと言う感じがしています。
ソニーのカメラはちゃんと星を撮影しようとしたらスターイーターの問題とかがあって、ちょっと敬遠したい感じです。
かと言って、またマウント変更もちょっとしんどいですし、RFマウントレンズの値段を見ているとソニーのGMってそんな高くないんじゃない?なんて思ってしまいます。

実はサムヤンの14mmF2.8は持っているんですが、14mmだと星が小さすぎて、個人的にはちょっと。。。という感じです。
個人的には24mm~35mmぐらいがオモシロイと思っていて使える候補レンズを挙げてみました。
ちなみにF2.8だとちょっと暗いかなとも思っています。まあその分ISO上げればよいだけなんですけどね。ノイズは気になります。

いろんな画角についてはこちらの記事をかいています。↓↓↓↓
www.sonnagaya.com

候補レンズ(2020-3月)

今の状況での候補は以下になります。
1.EF16-35mmⅢ F2.8 
2.TAMURON 17-35mm F2.8-4
3.TAMURON 15-30mm F2.8
4.SIGMA 14-24mmArt F2.8
5.SIGMA 24mmArt F1.4

それぞれ欠点を挙げてみます。

1.純正は値段が高い、コマ収差がそれほど良くない
2.コマ収差は純正より良さげだが、21mmからはF3.2になってしまう
3.コマ収差も解像も良さげだが重い
4.コマ収差は開放はもうちょい頑張ってほしい(純正よりは良い)19mmからはよくなる。重い
5.開放はコマ収差がひどいF2でも目立つ、F2.8ぐらいから良いようです。

まず1kgを超えるレンズはちょっと。。。。

個人的な問題

1.EFレンズを買うなら安いやつにしたい
2.17-20mmまではF2.8で使用できるようなのですが、24mmはF3.2になってしまう
3.このレンズ良さげですが、重量1kgオーバーはちょっと
4.このレンズも良さげですが、同じく重量1kgオーバーはちょっと
5.FEの24GM持っているのでなんか同じ24mm単焦点を買う気がしない。


うーん迷いますね。

α7R4+FE24mmGMで実験

非常事態中ですが、上海でも久々に夜空が見られたので、ちょっと外に出て見ました。
実際にいろいろ試して見ました。隔離生活のせいで今手元にあるのが、α7R4+24mmGMだけなので、それでちょっと星を撮ってみました。
このカメラは画素数が多いので、スマホなどの小さいディスプレイだと星すらよくわかりません。

上海の空。。。シリウスとかオリオン座がかろうじて見られるくらいですね。

F1.4(FE24mmGM)

ISO400,1/3秒


拡大して端っこをみるとやっぱちょっとコマ出てますね。

F8(FE24mmGM)

明るさを同じにしようと思ったら5段なので10秒なんですが、15秒にしちゃいました。
ISO400,15秒

拡大して端っこをみるとコマはわかりませんが。。。星が流れてしまってます。
まあ拡大しないとわからないんですけどね。それにしても24mm15秒でここまで流れるものなのですね。普段拡大しないので、わかりませんでした。
そう考えるとスマホや解像度の低いディスプレイでの星影写真はコマなんて考えなくても良いような気もしますね。

そして、2000万画素のEOS6Dだとどこまでこれが目立つようになるのか。。。自分が満足できるのか?やっぱ実際に試してみるしか無いですね。