異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海地下鉄でどの車両に乗ったか確認できるシステムが導入されました。

新型コロナウイルスが猛威を奮っていますが、上海はもうそろそろ落ち着いてきたところだと思います。
出勤する人も増えてきたことで2月28から地下鉄で車両に乗ったか確認できるシステムが導入されました。
地下鉄に乗ると、車両内にQRコードが配置されているのでそれをWechatでスキャンすると、コードが出てきます。
その後、電話番号を入力して終了です。

ニュースのタイトルからして、強制かと思っていましたが、これは強制ではなく、後からなにかあった場合に連絡してもらえるようになっているのではないかと思います。
実際に乗ってみましたが、やっている人はそれほど多くないように感じます。
まあ毎回乗るたびに、乗り換えするたびにやるのも面倒ですね。



mp.weixin.qq.com

上海地下鉄6号線


数字の頭が地下鉄の路線になっているようですね。
2月28日金曜日の退勤時間帯ですが、なにもない普段だとめっちゃ空いている感じですが、結構人が乗っていますね。

上海地下鉄2号線


2号線も一時期に比べると結構乗ってます。まあ少ないといえば、めっちゃ少ないんですけどね。

昨日の感染者状況


上海:337人(昨日0人)
湖北:67103人(昨日196人)
湖北省の6万人の感染者の内武漢の感染者が4万9千人ぐらいです。武漢の感染者が圧倒的に多いですね。そして昨日も196人新たに感染者が見つかっているとか、どうやってコントロールしているのでしょう?
チェックしまくっているってことでしょうかね?
上海では先週一週間で、出勤する人が、増えましたが、上海での新たな感染者は増えていません。これはちゃんとコントロールされているというところでしょうかね。まあ体温測定ぐらいしかしていないので、潜在的にはわかりませんけどね。
まあこの調子で行きたいものです。勤務時間帯にずっとマスク着けているのは結構苦痛かもしれません。耳の裏っかわが痛いです。

土曜日の日、昆山の政府関連の人から電話があり、状況を聞かれました(日本語で)内容はいつ中国に入ったか?、今どこにいるのか?、現在の状況はどうなのか?というものでしたが、どうやら日本人の入国者について追跡しているのではないかと感じました。
私は1月7日に中国に入っているのであんま関係ないと思いますが。。。