異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

こういう時だからだからこそ、上海らしい写真を撮りに行く

2020-2-26 上海

今週から会社を再開している会社が多いですが、私の努めている会社もそうですが、隔離期間が終わってないから駄目とか。。。。
なんかもう個人的に1ヶ月ぐらい隔離されているんですけど。。。1月24日春節前からほとんど動いてないので。。。。


ウイルスの影響で、今年は豫園の元宵節のランタン祭りも撮影にいけませんでした。ランタン祭り。。。なかったんでしょうねきっと。。。
先に行って、行灯だけ撮影しておけばよかったです。連続記録が途絶えてしまいました。。。

上海のいろんな観光地が閉鎖されたままということなので、上海最大の観光地外灘はどうなっているのかを確認しに行ってきました。
上海の感染者数もほぼ増えてないので、問題ないだろうと思いました。まあもちろんマスクはつけていきます。
先日、2/10に出勤した時、反対側の滨江大道には行って来たのですが、外灘にはまだ行っていません。
今回の写真はすべて2020-2-25日に撮影したものです。

夕方近くにでかけて、この日は撮影スポットの確認を兼ねて、南側から向かいました。地下鉄9号線小南门駅から歩いて黄浦江に向かいます。


老码头を通り抜けます。老码头は昔の埠頭だった場所のようですが、今は食事処みたいになっています。ここも全体的に石库门の建物で風情があります。

川岸は封鎖はされていないようですが、人は殆どいません。マスクしながらランニングや散歩している人がチラホラといましたね。警備員はちゃんといるんですね。いなかったら色々できそうだと思ったのですが、残念ですね。
しかし。。。天気が。。。朝割と天気が良かったのですが、もう完全に霧の都と化してます。高層ビルももう下の方しか見えません。

いつもならそろそろ遊覧船が出る時間ですが、遊覧船は完全ストップです。渡し船だけが稼働しています。


一人女性がスマホでひたすら自撮りをやっていました。


そこから北に向かっていくと、黄浦江の向こう側の高層ビル。。。ビル広告ですが、

「武汉加油」,「中国加油」、「我♥上海」


などを連発していますね。ほとんど誰も見ていないんでしょうけどね。。。
更に北上していくと外灘の石库门造りの建物がライトアップされて見えてきます。その奥の記念碑は赤いライトアップです。
外灘をこの角度で撮影することは結構珍しいと思います。


中心に近づくにつれてすこしづつ人は多くなってきますが、霧も多くなって来ているような感じがしました。

お決まりの撮影スポット近くまで行き対岸を撮影してみようと思いましたが、この日はきりのせいで、もう撮影できる状態ではないですね。
ということで、諦めて変えることにしました。

道を通る車も少なくて、スローシャッターもいまいち、というか三脚出すのが億劫で、台の上において撮影しました。

和平大夏のところから南京東路を西に向かっていこうとします。いまこの道工事中なんですね。。。知りませんでした。

真ん中が封鎖されていて車は一車線だけ通れるようです。


地下鉄2号線の南京東路駅まで行きます。上海最大の歩行者天国で超有名な観光名所でもある、南京路。。。。ほぼ人がいませんね。店はそれなりに開いてそうですが。。。

f:id:shan1tian2:20200225185013j:plain
南京東路
f:id:shan1tian2:20200225185059j:plain
南京路


最後に地下鉄ですが、さすがは2号線、退勤時間はそれなりに混んできましたね。席は空いているところもありましたが、私は座りませんでした。


ということでこういう時だからだからこそ、上海らしい写真を撮りに行くでした。