異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

蛍を撮影しに南京霊谷寺まで遠征。-上海から高速鉄道で南京へ(1)


7-20日 上海

上海は蒸し暑くて過ごしにくいです。今日のこの暑さ異常です。
蛍を見に南京まで行く計画を立てていましたが、予定通りに決行となります。
上海の天気はあまり良くありませんが、南京はどうでしょうね。
ホタルが出るのは当然ながら夜です。ということで高速鉄道もあまり早くない列車にします。
中国の友人は思うところがあり、もっと早く行きたそうでしたが、結局13:00の列車になりました。
私はこの暑さ。。。電車で行こうかと思ってたのですが、外に出た瞬間。。。うわぁ。。。何この天気と思って、面倒だったのでタクシーを使っていきました。


www.sonnagaya.com

いざ南京へ


虹橋火車駅までですが、タクシーを使うと、思ったより早く着きすぎました。。。火車駅に入るには身分証が必要です。
中国人は身份证のスキャンで自動改札から入れますが、パスポートの外国人は人がいる窓口から入る必要があります。
だんだんめんどくさくなっていきますね。
そしてゴミ分別の影響ですかね。ゴミ箱が4つ並べられています。これから全部こうなって行くんでしょうかね?
ただ、上海の人以外はこのルールわからない気もします。火車駅には色んなところの人が来るので、これ浸透するんでしょうかw

入ってから事前に予約してあったチケットを取得に行きます。実は前日上海火車駅に取りに行ったのですが、パスポートを持ってなくて取得できませんでした。
パスポート。。。。どこに行ったんだろうと焦りながら家で必死に探すと。。。前回内モンゴルに行ったときのバックの中にありました。。
一安心です。

チケット取得窓口、これも身分証があれば自動チケット取得器で取得できるのですが、パスポートの人は同じく窓口に並ぶ必要があります。
面倒なので、行き帰り、両方ここで取得します。最近は窓口で買う人が減ったのか、それほど並ばなくて良くて助かりました。

それにしてもいつ来てもここは人が多いですね。

時間になり、ゲートが開きます。大体15分前ぐらいが目安ですね。
目的地は南京です。
上海から南京までは高速鉄道で1時間強でつきます。一番早い列車でちょうど一時間ですかね。
中国の友人は2つ前の席でした。彼は隣の人に声をかけて、私と席を代わってくれるように話したようです。
ということで彼の隣に座ります。彼とは5月の万里の長城撮影以来です。
彼が6月に行った8泊9日の星空ツアーの話を聞かせてもらいました。やはり8日連続の星空撮影は相当きつかったようです。


行かなくてよかったです。
私と彼では同じ星撮影好きでもちょっと系統が違います。彼は地面の風景が絶対に必要で、モザイク撮影で全景を撮るのが好きなようです。
パノラマの天の川全景を見せてもらいました。
なので内モンゴルは前景がなにもない(草原だけ)ので面白くないようです。
動物を撮るのも余り好きじゃないのでアフリカも微妙らしく、9月にモロッコに行くと行ってました。
彼には仕事の話を聞いたことがないのですが、もしかして働いてないのでしょうかね。いつも旅行に行っています。
多分2ヶ月に1回ぐらいは長期旅行をしています。上海人なので不動産とかだけで儲けてるのでしょうかね。。。


また彼に雲の動向がわかるアプリを教えてもらいました
MeTeoEarthというアプリです。ちょっと重いですがなかなか便利ですね。

これによると12時ぐらいまでは星が見えている感じです。まあ月もあるので微妙でしょうけど。

ということで、南京南駅に到着です。

南京→霊谷寺(灵谷寺)


南京から霊谷寺までは地下鉄とバスを利用します。地下鉄はアプリ大都会を利用しました。

チケット買わなくて良いのでこれ便利ですね。
まずは3号線で大行宮まで行きます。
大行宮で2号線に乗り換えて孝陵卫まで行きます。
地下鉄から出るとすごい良い天気でした。

そこから100mぐらい歩いたところのバス停から202に乗り3駅、終点灵谷寺に到着です。
バスは一人2元ですが、釣り銭がが出ないので事前に用意しておきましょう。

ここまで大体1時間ぐらいを要します。
南京には何度か来ていますが、調べてみると灵谷寺にも一度紅葉を取りに来ているようですw
完全に失念してますね。。。
www.sonnagaya.com

そしてこのあたりは明孝陵とかがあって、秋には人がたくさん来る場所です。
www.sonnagaya.com
明孝陵に行ったのはおぼえてました。

ここまでに使った交通手段は以下になります。

  1. 上海虹桥→南京南駅
  2. 南京南駅→地下鉄3号線→大行宮
  3. 大行宮→地下鉄2号線→孝陵卫
  4. 孝陵卫→202バス→灵谷寺

※ちなみに灵谷寺は202バスの終点です。帰りは降りた場所から再び乗ります。

霊谷寺(灵谷寺)

バスを降りて、宿に向かいます。宿は灵谷寺の中にある客栈を中国人の友達が取ってくれたようです。
しかしこのホテル外国人が泊まれないようです。私は外にあるホテルに泊まるしかありません。まあそのへんはいい加減なようですけどね。
ということで客栈に電話して迎えに来てもらいました。

老板娘に昨日蛍は出たたのかと聞くとたくさん出て綺麗だったと話してくれました。
これは期待できそうですね。

撮影スポットを通り過ぎるときに、はもうすでに人がいるような感じです。wwまじか。。。まだ3時過ぎなんですけど。。
とりあえず彼の宿で一休みします。

その後、ものすごく早いですが、夕食を取るために出かけることにします。
猫だらけきってますね。

ちょうどこの近くにあった食堂で食べることにします。

やはり観光地内では値段が高いですね。出汁をとってないことを除いて、味はまあ良かったです。

一度宿に戻って、準備をして出発することにします。老板娘に街に出る際に食べ物を買ってきてくれとお願いをしました。
夜帰ってきてから食べるためです。

南京ホタル撮影記事一覧

www.sonnagaya.com
www.sonnagaya.com
www.sonnagaya.com