異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

ようやく写真の4K,10Bit表示ができました。

2019-12-20

週末です。ようやく4K&10bit階調の表示環境が整いました。
10bitカラーを表示するためにはハード側とソフト側両方の対応が必要です。
・PCとDisplayの接続方式が10Bit対応している
・Displayが10bitカラーに対応している。
・GPUが10bitカラーに対応している。
・Softwareが10bitカラーに対応している。

一応全ての環境が整ったので、早速表示してみました。

PCとディスプレイの接続

HDMIは1.3以降だったり1.4以降だったり、ハード側で対応しているか見る必要があります。PC、ディスプレイ側を調べる必要があります。
私の4KディスプレイViewSonicVP2785-4Kは10Bit対応しています。
また説明書では4K表示は以下の接続でできるとあります。
・USB-C コネクターまたは Mini DisplayPort コネクター 最大 3840 x 2160 ピクセル/60 Hz
・HDMI コネクター 最大 3840 x 2160 ピクセル/60 Hz

とりあえず一番無難なDisplayPortでPCとディスプレイを接続します。

Nvidia グラフィックカード

GeforceGTX1050以上は10Bitカラーに対応しています。
私のはGeforceGTX1650、安めのグラボですが、標準のドライバではなくStdioドライバをダウンロード、インストールします。
その後にNvidiaのコントロールパネルから出力色の深度を10bitに設定します。

※これを8bitのままにすると、10Bit階調で表示されません。

そして実際に10Bitカラー表示するにはアプリ側の対応も必要で、対応アプリで開く必要があります。

ちなみに既存のJPGを開いても多分だめです。

Photo shop設定画面

続いてはPhotoshopの設定画面で、30bitディスプレイにチェックを入れます。
f:id:shan1tian2:20191215231737p:plain



これで設定上は10Bit階調表示になったと思います。


10bit階調表示を試す。

まずは8bit階調、僅かではありますが、グラデーションのぐるぐるが見えています。


続いては10bit階調完全なグラデーションになりました。



最後は実際に写真を見てみました。27インチのディスプレイはなかなか良いですね。でもちょっと大きいかも。。


8Bitのときとの違いですが、8-10の表示を切り替えると、変わったと分かりますが、そのままだとわからないですねw.