異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海ディズニー付近の民宿での4モデル夕日ポートレート撮影会(後半)

2019-09-15 上海

引き続き週末撮影会です。一箇所に4モデルというのは初めてです。
前半の記事はこちらになります。


文句を言われてふてくされていたモデルさん、しばらくすると普通の服に着替えてきました。

まあ個人的にはこっちのほうが良いですね。

しかし。。。怒ってます。目が笑ってません。こういう感じも良いのかなと思いましたがやはりこの子は笑ったほうが良いと思います。


笑ってというと、そういう気分じゃないと言われました。。この子を撮影するのは3回目なんですけどね。
でも私が、何回か撮影しているというのは知っていたようですww
少し話するうちに機嫌が治ってきた感じです。

しつこく笑ってともう言うと最後には笑ってくれましたがwww
そして夕日の時間帯です。遅く始まったのが功を奏しましたね。
夕日のポートレートです。本当は背景の露出を落として、夕日に合わせます。
そうすると被写体は真っ暗になってしまいますが、その分はスロトボで補うと言う感じでやりたかったのですが、このストロボ。。。。
壊れているのかマニュアルに設定できません。というかTTLでしか発光してくれません。
マニュアルの方持ってこればよかったですね。まさかこういう展開を予想していなかったので。。。

次は天真爛漫の方のモデルさんを撮ります。この子やはり動きすぎです。
太陽の光芒を出すためにF8ぐらいまで絞りましたが、絞ると更にシャッタースピードが落ちて、ピントが合う写真がなかなか取れませんでした。

そして後の二人、双子のモデルはセーラ服に着替えていました。。う~ん夕日と制服。。。なんの関係がるのでしょうね。
どうやら民宿の外で撮影するようです。
個人的にこの二人はあまり興味がないのですが、みんな撮りに行くので、ついていきました。

今回は色々意外な事が起きましたが、まあこんな感じですね。
日が沈んでからも、他の皆さんはもう少し撮影をしているようですが、私はさっさと退散することにします。こっから家まで何時間かかるんだww
写真はディズニー駅の近くです。人いませんね。

昨日から感じていましたが、撮影に悪い条件(夕日、逆光、夜景)などでストロボを使用したポートレート撮影はもっと修行を積む必要があると感じました。
やはりうまく行かない。。こういう環境の撮影会のほうが楽しいと感じてしまう。なんかへんですかね。
今回は満足できませんでしたが、こういう環境で満足できるポートレートが撮れるようになればもっと楽しめるのではないかと思います。