異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

高所から眺める外灘と陸家嘴の景色-上海北外灘のビルの屋上での撮影会(序章)

今日は金曜です。あっという間週末です。
夏風邪は治らないといいますが、咳と、鼻水鼻詰まりがとどまることを知りません。体調もあまり良くないです。
ちなみに今週はずっと残業で家につくと24時ぐらいになっていたので、金曜日とうとう遅刻してしまいました。
週末の天気ですが、今の所。。。。。曇りと雷マークですね。。。

2019-08-21

いろいろなことに対する気晴らしに、北外灘のビルの上からの撮影会に参加してみました。こうみえても悩んでいることはあるんですw
今回は少々お高い値段を払っています。そして撮影時間はこれまでの最長3時間です。
撮影は夕方から夜9時前までということです。
モデルさんはロシア人の女性です。


今回は序章として、風景撮影について書こうかと思います。

最寄り駅は地下鉄12号線の提篮路です。この辺、やはり廃れていますね。人がぜんぜんいません。北外灘ってなんでこんなに廃れているのでしょう。。。
そして登ったビルは虹口区の金岸大夏です。このビル自体はそれほど高層ビルではないのですが、周りに高いビルがあまりなく、外灘が見渡せるそうです。
ということで行ってってきましたが、やはり高いところから眺める外灘と陸家嘴の景色は別格ですね。
景色は24~35mmのレンズがあれば撮影できると思います。
ただ。。。この日は空が余り綺麗では有りません。ちょっと霞んでますね。


一年前まではしょっちゅう見ていた景色ですが、引っ越してから最近この景色見ていなかったな~と感じてしまいます。
ちょっと懐かしい感じです。

今回のこの撮影会、なんでこんなに長いかといいますと、モデル撮影の他に風景撮影もあるからのようです。私は今日この空気の外灘を真剣に撮影する気にはなりませんでしたが。。。
そう言いながらもちゃっかり三脚を持ってきているのですけどね。
私は夜景の風景撮影は基本的に三脚に乗せるので、ISOは100にしています。絞りはレンズによりますが、フルサイズだとF8~F11ぐらいでしょうかね。
135mmだとF8でもまだちょっとボケてしまう気がするので。。。
この時間帯はまだ夜景とは言えませんが、一応三脚に乗せています。135mmのレンズで撮影しています。

夕方太陽が沈む前

夕方ですが、雲が多い感じで、更に少し霞んでいます。やはり夏場は湿気が多いのでしょうね。
外灘を撮ってみました。

反対側は多分下海庙だと思いますが、古めの住宅が沢山

これはスマホですw

この日は日が沈んだ後、雲がかかってきて、きれいなマジックアワーにはなりませんでした。
普通の薄暗い感じの景色になってしまって残念ですね。

夜景撮影




これだけ高いところに自ら登って夜景を撮影するのは初めてかもしれません。まあでも、見慣れた景色とドローンとか飛ばしているせいもあって、余り感動はなかったです。


ちなみにこの日星は1つも見えませんでした。


次回はポートレートについて書きます。