異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

ダラト旗の夕焼け-満天の星空を見に行くために内モンゴルへ(4)

2019-06-07 ダラト旗

中国内モンゴル自治区に来ています。

www.sonnagaya.com


砂漠の観光が終わり、バスの中からものすごい綺麗な夕焼けを見ながら、ダラト旗のホテルに向かいます。
この辺は石炭の産地で、火力発電所が多いようです。石炭火力。。。。。空に影響がないわけ無いですよね。

その前に夕食のようです。バスを降りると、まだ夕焼けが続いています。
すごいオレンジ色の雲です。いつまで経っても夕焼けが続いています。。なかなか沈みませんね。日の出が遅いわけでもないので、やはり日中が長いということでしょうかね。

夕食はバイキング形式の火鍋で一人鍋です。ガイドさんいわく、今日の夜までがおいしい食事で、明日からは美味しくないと話します。
まあ、前回はそうでしたね。料金を上げても量が増えるだけで味は変わらないと。。。。
この日たくさん食べてくださいということです。

夕食も例の6テーブルです。飲み物も全て飲み放題となっています。料金を見てみると53元とか。。。。安すぎですね。
これは毎日でも来たい感じです。
ということで私はひたすら羊肉のしゃぶしゃぶを食べていました。www

ここで、同じテーブルの人と少し話をしましたが、この旅行の目的についてです。私達のテーブルは子供連れがいないので、それぞれなにか目的があるのかと思いきや、そうでもないようです。
今日見た観光地と言えば実質、黄河(車窓から)と砂漠だけですね。みなさんは楽しめたのでしょうかね。私はいまいちです。せめて砂漠の夕日を見るとか、なにか入れてほしかったですね。
これなら草原に行って昼間寝ていたほうが良いかなと。。。思ってます。

それにしても旅先で日本語使うのはめっちゃ久しぶりです。つい中国語で話しかけそうになります😰😰😰

食事が終わってホテルです。時間的にはもう10:00ぐらいです。ガイドさんいわく「ダラトチ」は発電所があり、賑やかな街ですが、夜はすぐに真っ暗になってしまうそうです。

ホテル情報:
ダラトキホテル:東達錦園ホテル
ホテル情報:
东达锦园宾馆Dongda Jinyuan Hotel






このホテル小奇麗で結構良い感じのホテルです。チェックインしてから、私は外を見に行きます。


木星と蠍座がきれいに見えています。しかしながらまちなかなので、看板などの光が結構強い場所があります。
全部避けるのは厳しそうですね。また、公園なども近くにないので、どうやら道端で撮影するしかなさそうです。
ちなみに近くにスーパーなどはありませんww量販KTVはありました。

実はガイドさんに星の見える場所に連れてってくれと話していましたが、今日は時間が遅いのでやめましょうと言われました。。。。