異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ36話


中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

36話 罰を受け入れる

娴贵妃は纯妃を挑唆tiǎosuō(けしかける)して、寵愛争いに参加するように仕向けます。
皇帝は皇后に璎珞のことが好きなのではと言われたことをいろいろと考え出します。
李玉に聞きますが、李玉は答えません。。。皇帝は少し怒って德胜に聞きます。。。
璎珞はもし皇帝が守ってなかったらなんで今まで生きているのか不思議だと。。。皇帝は自分の中で知らず知らずのうちに璎珞のことが気になるようになっていたようです。

ここから纯妃の寵愛争いが本格化します。早速皇帝を引き込むことに成功しました。

次の日皇帝は、傅恒を呼びクラスアップさせます。これは婚姻のことで傅恒が悶々としていたのをなんとかしようとしてのことです。
宮廷の外に出ると、璎珞が炭の掃除を指定巻いた。璎珞の働く姿を見て、皇帝は璎珞に长春宫に戻りたくないのかと話します。
璎珞はためらいますが、皇后が目覚めたことを話されると、どんな罰を受けても良いので戻りたいと話します。

しばらくして傅恒の結婚式です。傅恒はお通夜のようです。。。
dòngfáng huāzhú【洞房花烛】の際に尔晴はこの先の未来の幸福を期待します。そして璎珞に勝ったと感じます。
しかし傅恒は尔晴に対する後ろめたい気持ちがあります。璎珞を忘れよう忘れようとしているようですが。。。

傅恒は尔晴を連れて宮廷に入ります。その時紫禁城は大雪でした。
この大雪の中、璎珞は一步一叩の苦行を行っていまいた。皇帝が璎珞に与えた罰は一歩歩いて、一礼するというのを6宮12時間行うというものです。
実は2つの選択肢があったのですが、もう一つは傅恒に直接好きじゃなと言えというものでした。璎珞はそれを選択しませんでした。


长春宫についた傅恒はずっと璎珞のことを考えています。この罰を受けきれないのかと心配します。しかし自分にもう璎珞を助ける資格が無いとも考えます。
明玉は尔晴の婚姻を祝福に来ていまいたが、尔晴の優しい姿はなくなり、傲慢な様子に変化していまいた。


璎珞はずっと苦行を続けています。袁春望もこれを見ていられなくなり、璎珞と一緒に歩きます。その時傅恒たちが通り過ぎますが、目を合わさない二人。。。
袁春望が水を取りに行っている間、璎珞は耐えきれなくなって倒れます。そこに皇帝が現れ、璎珞を抱きかかえ宮殿に戻っていきます。その後ろ姿を見る袁春望。。。

皇帝は璎珞を寝室に連れていき寝かせます。皇帝はぼーっと璎珞を見ていますが、李玉は皇帝の思いを察します。
璎珞が目覚めた時、璎珞二服を着せますが、その服は妃嫔のような衣装でした。。。
璎珞がその場を離れようとした時に鍵がかけられます。

そして入ってきたのは皇帝でした。。。

感想

皇帝が璎珞に与えた罰ですが、チベット仏教のお参りみたいな感じですね。この時代の建物はチベット仏教の建物も多いように感じますが、清の王朝はチベット仏教が全盛だったのでしょうかね?