異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ32話


中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

32話 高贵妃

高贵妃は自信満々で芸人たちに「万紫千红」のパフォーマンスをさせます。夜空に星のように光る形式は圧巻です。高贵妃は次第に前に出ていきます。
その時万紫千红の鉄水が高贵妃たちに降り掛かってきます。高贵妃は背中を大やけどします。娴妃は皇帝を守るために少しだけ火傷をします。

太医たちが治療に当たりますが、高贵妃傷跡が残ることを嫌がり治療を拒絶します。叶天士と张院判も困ります。それを聞いた皇帝は怒って無理やり治療させます。
治療を初めて気づきます。铁水の中には「金汁」が混じってました。金汁とはすなわち粪水(排泄物)のことです。これにより傷口から感染症が発生します。

海兰察はこの件の捜査を始めました璎珞にも聞き込みが入ります。海兰察は彼らは刺客だといい捕まえるつもりです。
海兰察が去ってから袁春望がやってきます。この時、璎珞はすでに芸人たちを宮廷から逃していました。これがあったからこそ、彼らに故意にパフォーマンスを失敗させるこに成功したのです。
そして璎珞はもし見つかったときのために保険もちゃんと用意していました。
・长春宫に迷惑がかからないように长春宫の人に冷たくする
・牛乳配達で高贵妃と喧嘩した件で、高贵妃恨みがある。
これによりもし自分が見つかっても皇后に責任は行きません。
しかし袁春望にはバレてしまいました。璎珞は再び気絶してしまいます。

皇帝が娴妃を訪ね、傷の様子を伺います。皇帝はここでようやく娴妃の傷も軽くはないと気づきます。
娴妃がこの事を隠していたことに皇帝は感動します。

高贵妃の傷口は感染症を起こし、発熱していました。重病人のような感じです。しかし対策がありません。

娴妃が高贵妃を訪ねます。そして自分がやったと話します。高贵妃は怒り、訴えると言いますが、自分も怪我をしており、誰がそれを信じると。。。。強気に出ます。
もし運良く助かっても、背中の傷が残り皇帝はもう訪ねてこないだろうと。。。親にすがって宮廷に残されるだろうけど的な話をします。。。
しかしもう高贵妃に反撃する力は残っていません。

そして高贵妃は服を着替えて芝兰に皇帝を储秀宫に呼んでくれと話します。
高贵妃は休んでいなければいけない体なのに踊りだします。皇帝はそれをずっと見つめています。
皇帝は高贵妃が宁馨儿だった頃のことを思い出します。
踊りが終わると高贵妃の背中は血だらけです。そして皇帝の懐に抱かれます。自分は高家から献上された道具だったと。。。
皇帝は高贵妃の願いに答えます。


しばらくして高贵妃の弟、高恒がやってきた時、高贵妃は自害していました。
皇帝は高贵妃が亡くなった知らせを聞き、皇贵妃に封じます。

袁春望はずっと璎珞を看病していました。そして今回の件は太后の祝賀のためだったこともあり、これ以上は捜査は行われないだろうと言います。
璎珞は安心して感激のあまり袁春望に「哥」(兄さん)と言います。

感想

「万紫千红」ですが、溶けた鉄水ってあんなに飛び散るものなのでしょうかね?わかりませんが。。。。
ここでやっと高贵妃が退場です。高贵妃は結局自分ではほとんど悪いことをしていないのですよね。全て別の妃にやらせているので。。。。
一番狡猾なのは。。。。娴妃というところでしょうか。。。