異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ18話


中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

18話 波乱の長春宫

长春宫では波乱が起きていました。璎珞は高贵妃と退治していますが、流石に不利です。幸いにも娴妃がやってきます。
江南の叶天士と言う医者が優秀だと聞き、皇帝に進言します。皇帝もそうしようと考え叶天士を呼ぶことにします。

叶天士は五阿哥を診断して只の黄疸だといいます。しかし太医はその診断に意義を唱えます。口からでまかせだと言います。
しかし叶天士は五阿哥の黄疸は普通の先天性のも度とは違うといい治療すれば半月で健康な状態に戻ると話します。

それを聞いて高贵妃は態度を変えます。皇帝もそれに対して何も言いません。
その時、纯妃が入ってきます。死体を連れて。。。纯妃はこの亡骸は烤饼を作っていたコックだといいます。
ここで璎珞はあることに気づきます。愉贵人がいつも烤饼を食べていたことを。。。。纯妃はそれを璎珞に話させます。
経験から妊婦が甘くて熱いものをたくさん食べると体に湿気が入り、子供に黄疸が現れると言います。
纯妃はさらに話を続けます。そのコックは既に自害して亡くなっていたと。。

これを聞いた璎珞は高贵妃が仕組んだと決めつけます。
高贵妃はそれを認めません
纯妃はそのコックの遺書を持ってきました。遺書にはやったのは储秀宫の主人だと書かれています。
これを見て皇帝は怒り、高贵妃を储秀宫に軟禁します。

処理が終わった後、明玉が突然皇帝に璎珞が皇后の金印を使った行為について報告します。
璎珞は金印を託されてなどはいないと話し出します。それを聞いて驚く璎珞。。。

これは偽の懿旨ということになります。本当なら極刑ということになりますが、璎珞は高贵妃に嘘をついた罪を認めます。
珍珠に箱を持ってこさせますが、中には金印は入っていませんでした。

皇帝は逆に明玉を処罰します。
皇帝たちが去った後、璎珞は単独で纯妃を呼び止め、話をします。
そして纯妃に高贵妃を陥れただろうと話し出します。纯妃はそれを認めませんが、これが紫禁城で生き残る方法だと言います。
璎珞のはこれに同意することはできないと考えます。なぜならこ度をも傷つけるような行為は獣と変わらないと考えているからです。

しばらくして、ようやく皇后が戻ってきました。明玉は璎珞がでしゃばったと皇后に告げ口しますが、皇后は逆に明玉をしかります。
緊張の中、皇后は愉贵人に送りものをします。皇帝に頼んで愉贵人から愉嫔に格上げされるようです。これで五阿哥を自分で育てることができます。

この時、高贵妃の父親(高斌)が养心殿で皇帝と政務の話をしに来ていました。
高贵妃の侍女は事前に高斌に落ち込んでいる娘を見に行ってあげるように話します。
外地治理河道の話が終わった後、皇帝に許しをもらい、娘に会いに行きます。

高斌がやってきますが、高贵妃は会わないといいます。
高斌は高贵妃をの乗りします。お前がいなくても、まだ妹たちがいるといいます。

自分が役立たずと言われたことに高贵妃は怒って父の前に出てきます。
どうやら高贵妃と父の間には母の件で確執があるようです。母が治水の最中の水害で、殺されたと考えているようです。
そして後から入ってきた马氏が後妻となっているようです。そしてその娘を宮廷に入れると言ったことに、高贵妃はそのようなことは絶対させないと、自分を奮い立たせます。

夜になり、高贵妃は储秀宫で、踊っていました。その声に皇帝はひかれます。もともと皇后のところに行く予定でしたが、皇帝は高贵妃のところに行ってしまいます。
高贵妃は自分は昔は歌って踊れる宁馨儿だったが、今は高贵妃に変わってしまったと嘆きます。