異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

大晦日の外灘の混雑、元旦の上海

もう3日立ちましたが、

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたいします。
今回は上海の正月の雰囲気を紹介しょうと思います。

まずは大晦日から

大晦日の上海


中国の正月(元旦)休みは30~1までです。3日しかありません。
2018年の大晦日、今年は初めてホテルに泊まることにしました。理由は。。。。ドローンを飛ばしたかったからなのですが。。。
私は外灘近くのホテルにチェックインしてからまだ夜景が始まる前にぶらつきに行きましたが。。。。
南京東路の駅は20:00で封鎖されます。よく考えたら人民広場にホテルをとったほうが良かったかもしれませんね。

「何だこの人だかり」


そして武警が大量に出動しています。尋常じゃないですね。
あっちだめとかこの未知封鎖とかそしていろいろ交通制御されて、思うように勧めません。

あまりにも人が多いので、夜景が始まる前に一旦外灘を離れて食事に行くことにします。

南京路はすでにこの状態でした。

そして地下鉄構内はこんな感じです。

南京東路から地下鉄に乗って、世紀大道まで、いつもの居酒屋で紅白を見ながら年越しそばです。

途中ショッピングモールを通るとよくわからないダンスイベント。。。中国では今ダンス流行っているみたいですが。。。
youtu.be
なんの影響なんでしょうwww
世紀大道の反対側にもステージが設定されていましたが、ここでもダンスイベントのようです。


その後、裏東をぶらぶらします

テレビ塔付近

例の柵が。。。

これ人が止まらないように写真撮れなくしているようです。

ホテルに戻りますが、やはり南京東路は封鎖されていて、次の駅、人民広場まで行きます。
外灘方面は19番出口なんですが、これがまたすごい人。。。上海一番の繁華街南京路ですが、またすごい人です。。

もう外灘に行くつもりはなかったのですが、ホテルに戻るにも一苦労です。ところどころ武警がいましたが、24時過ぎたら帰っていくんでしょうね。
時間がすぎるに連れて、整列して帰っていく武警さんたちもいました。
どうやら既に外灘の堤防?に登れない人たちがたくさんいるようですね。封鎖が解除されたら走って登っていく人たちが結構いました。

私の方は結局24:00までにホテルに戻れず、外灘の近くで年越ししました。外灘も結局何もあるわけじゃないんですが、なんでこんな人だ買ってるのでしょうね。
結構歩く羽目になりました。

ホテルに戻ってTVを付けてみると。。。

外滩18年最后一天:跨年前一刻迎当天最大客流,瞬时客流逾9万
外滩18年最后一天:跨年前一刻迎当天最大客流,瞬时客流逾9万

18年の外灘最後の一日、年越し前のいっときに最大の客の流れ、瞬時9万超え
ということで。。。。9万って。。。。


「ドローンを飛ばす空きが全くありませんでした」


というのもありますが、あれだけ武警がいる中でドローンを飛ばす勇気は私にはありません。。。
改めて思いましたが、


この時期にはここ外灘は近寄ってはいけない場所ですね。

ということで明日元旦に初飛行しようともくろんで寝ます。

元旦の上海


明けて元旦の外灘、初日の出はあいにくの空で見れませんでしたが、いつもは警備員いないのに、この日に限って、こんな朝から警備員がいます。
なんか警備員いると、いろいろ言われそうで。。。ドローンを飛ばす気になりません。また早朝ランニングをしている人も結構います。ちょっと危なそうなのでやめておきました。
反対(浦東)側に行こうと思い渡し船で、浦東まで行きます。

その後、飛ばせそうな場所を探して、ウロウロと。。。。。朝なのに観光客結構いるんですね。
もういいやと思って、もうここで飛ばすことにします。

今年初フライトです。


何故か途中からカメラが下を向いてくれなくて。。。。故障?しちゃったのかな。。。。。真下の写真が取れなかったのが残念。
まあまたチャレンジします。


帰ってから夕方、電池を入れ替えてみると何故か動くようになりました。練習を兼ねて、いろいろ試してみます。

すると、鳶が。。。。ドローンを襲撃してきますwwww。。
慌ててドローンを戻します。話には聞いてましたが本当にドローンを襲ってくるんですね。鳶も結構ビビってる感じでした。。。
まだまだ慣れが必要ですね。


ということで正月休みは終わってしまいましたが、改めて、


今年もよろしくお願いいたします。