異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ7話


中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。このドラマは完全に後宮が舞台になっています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

绣房(刺繍部屋)編で出てきた人物の名前ですが、それぞれ単語としての意味があります。めっちゃ適当に名前をつけた感じですね。
jǐnxiù【锦绣】美しいもの.輝かしいもの
línglóng【玲珑】精巧である,巧みである
jíxiáng【吉祥】吉祥.吉兆.めでたい兆し
yīngluò【璎珞】玉の首飾り.ようらく

7話 吉祥が罠にはまり、璎珞は復讐を計画

長春宫に入りひざまづく璎珞ですが、高贵妃はそれを見て驚きます。璎珞はあの時と同じようにバカを装います。
そしてなぜか持ってきた服を見せようとはしません。できるだけ遅らせたいようです。
皆が璎珞に見せるように催促したときにちょうど李玉が現れ、プレゼントを持ってきます。
皇帝からのプレゼントは西洋の時計の形をした化粧箱でした。他の妃たちは羨ましがります。
そして高贵妃と嘉嫔はこの場を去っていきます。

高贵妃と李玉が去ってから、璎珞はようやく黄绸を取り、皆の前に服を見せます。皇后は驚きます。
そばで見ていた明玉は文句を言います(绣房は皇后をないがしろにしていると)が、璎珞話を続けます。そしてこれは安価な鹿尾の毛で追っているといいます。
皇后が最近節約命令を出しているのでそれに沿った形だと言い訳します。
璎珞が話した口から出まかせに皇后は褒美を与えます。それを知った玲珑の嫉妬はさらに深まります。

皆が去ってから璎珞は一人で残っていました、皇后に真実を打ち明けるためです。既に富察皇后は孔雀になにかあったことを察していたようです。
しかし、誕生日にこういう問題を出しては気分が良くないとして、その場では璎珞を責めなかったようです。
そして璎珞になぜ時間稼ぎをしたかを聞きます。璎珞は皇帝がプレゼントを持ってくるのを待っていたと話します。
皇后は他人(皇帝)の力を借りてそれに乗って自分に流れを持ってこさせようとしたことに対して、起こりますが、真剣に怒ったわけではありません。
自分の服を作るように罰を与えます。

璎珞が去ってから皇后は笑いだします。あんな狡猾な女性は見たことがないと。。。皇后は璎珞のことを似に言ったようです。そして长春宫に呼ぼうと考えます。

绣房に戻ってから吉祥は璎珞になぜ真実を皇后に話したのかを聞きます。
璎珞は皇后は懐が深い人だと聞いていたので自分から話せば許してくれると考えたといいます。
そして機会があれば长春宫に入れると。。。

表面上は皆と同じようにしていますが、玲珑は面白くありません。
玲珑は深夜こっそりと皇后からのプレゼントを盗もうとしますが、璎珞に見つかってしまいます。
玲珑はその場をなんとかごまかします。
既に璎珞は玲珑は怪しいと感じていました。

しばらくして皇后は命令を下します。张嬷嬷と吴总管に孔雀の糸事件の調査を命じます。
玲珑はビビります。

この日は吉祥の誕生日でした。璎珞は麺を作ってあげます。そして吉祥に自分がいなくなってからちゃんと自分を自分で守れといいます。
璎珞がその場を離れてから吉祥は麺を食べ始めます。そこに玲珑がやってきて、自分は公開していると、惨めな感じを装い、私もプレゼントがあると話、庭まで取りに行くように話します。
庭の木の中にプレゼントを見つけた吉祥ですが、ここに吴总管と张嬷嬷がやってきて袋の中身を見せろといいます。
単純な吉祥は袋を開けるとなんと中には孔雀の糸が。。。。。
张嬷嬷は吉祥をかばい、よく調べるように言いますが、吴总管は時間がないとして、吉祥を連れ去ります。


璎珞が知らせを知った頃、吉祥は既になくなっていました。璎珞はダメージを受けますが、涙は流しません。
玲珑は泣き続けています。そして皆から璎珞は冷たいやつだと白い目で見られます。

それから璎珞の織物にはいつも問題が見られるようになりました。张嬷嬷は頭を痛めます。
玲珑は璎珞を助けるといいますが、璎珞はこれを受け入れません。吉祥の死は玲珑が関係していると思っているからです。

この日、皇帝の普段着を作る仕事が入ります。张嬷嬷は皆にこれは良い機会だと話します。
玲珑は自分がやるといいますが、璎珞は譲りません。結局3日後に勝負することになります。

期限はやってきましたが、璎珞は自分の織物が交換されていることに気づきます。
玲珑は自分が作った服は既に张嬷嬷が満足して持って行ったといいます。
璎珞は玲珑に質問し、自分が作った織物だと誓わせます。

その時、皇帝は鄂尔泰の門下生仲永檀の上奏文に頭を痛めていまいた。
この時彼が弾劾した相手は张廷玉と鄂善です彼らは先帝の重鎮です。

服を着替えている際に何かが首に刺さります。皇帝はこの憂さ晴らしに、この服を作ったものを調べるように命令します。
直ぐに吴总管が绣房に現れて玲珑を捕まえます。玲珑は怖くなってあの服は璎珞が作ったものだといいます。
しかし皆が玲珑の誓いを聞いていまいた。しかもあの服は玲珑が自ら张嬷嬷に渡したものです。
玲珑は慎行司の牢に押し込まれます。

璎珞は玲珑を訪ね牢までいきます。そして玲珑はようやく気づきます。全ては作戦だったと。。。。。

感想

7話終わりましたが、これで绣房編はだいたい決着がついたのではないでしょうか?というかここで名前が出てきた同僚は全ていなくなってしまいましたね。
璎珞に敵対した勢力は全て淘汰された形になります。