異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ4話


中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。このドラマは完全に後宮が舞台になっています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

清時代の女性の髪型は両把頭liǎngbǎtóuというようです。それにしてもこのドラマは他の時代と違って女性の服装が結構地味ですね。
寒いときに撮影したのでしょうか?服が異様に分厚い感じがします。

4話 皇后の目覚め、魏璎は馬鹿を装う

璎珞は锦绣は傅恒のことはあきらめた方がよいと進めます。なぜなら彼のような身分の高い男子の正室には下級宫女ではなることはできないと。
たとえ心の底から彼が誰かを気に行ったとしても最終的には身分の違いにより失ってします。
なぜなら男性は男性は頭の悪いごまかしの動物だと。。。。
璎珞が話し終え、锦绣は不快感を示しますが、璎珞の話す事も道理が通っていると考え、仕事に戻ります。

璎珞は思ってもいませんでしたが、この話を傅恒が聞いていました。そして故意に引きとめます。
璎珞はは何とか助かろうと璎珞は態度を変え、こびへつらうようにします。何とか助かりますが、去る時に傅恒は、宮廷内の男性を適当に評価してはいけないと警告を与えます。

璎珞に教訓を与えた後、傅恒は长春宫にたどり着きます。
姉が长命锁をずっと見ているのが気に入らず、それを捨てますが、その事で富察皇后は激怒します。
彼がこういう行動に出たのは、姉が3年前に亡くなった二皇子(永琏)の事を忘れられずにうじうじしていたからです。
姉を奮い立たせようとして、この悲しみを乗り越えようと考えたのですが。。。。
結局姉は长命锁を取り返しました。

去る前に傅恒は皇帝からの小箱を部屋内に置いていきます。
このまま皇后が、悲しみに暮れて仕事をせずにいたら、皇帝はもっと孤独になっていくだろうと話し帰っていきます。


傅恒は長春宫を出てから、纯妃(苏静)とその侍女玉壶に出くわします。傅恒は姉を慰めるため纯妃に姉を訪ねてもらうように頼みます。
しばらくして纯妃は長春宫を訪ねます。お茶を持ってきた红螺(宮女)はずっと何かを言いたそうです。
皇后が聞いてみると、彼女は宮廷を離れる年齢に達していて、外で婚姻をする予定ですが、皇后の状態がよくないので、話すに話せなかったようです。
皇后は直ぐに下旨を下し、红螺を出宫させるように手配し、婚姻用の衣装も準備させます。
この事で、皇后は自分の責任を感じます。纯妃はこれも皇后の為だと話します。

皇后はあわてて傅恒が残した箱を開きます。その中には圣旨が入っていました。
内容は亡くなった息子を皇太子とするという物でした。
これで皇后の目は覚めました。

次の日、皇后は自ら会合を開きます。
この期間中、高贵妃はずっと皇后をないがしろにしていましたがが、ここから巻き返そうと言うつもりです。

会合が終わった後妃たちは去っていきます。その時一人の侍女が娴妃にぶつかり服を汚してしまいますが、娴妃は罪を問いません。
その後、さらに彼女の父が病気であるという事を知り、出宫して見に行ってもよいと話します。
それを見ていた纯妃は娴妃の徳と心の広さに感心します。
その後、二人は一時一緒に歩きます。美しさと知恵を持ち合わせた纯妃は最近は皇帝に奉仕していないようで、皇后側に味方しています。
娴妃は纯妃が何を考えているのかわからないようです。


玲珑は新しい服を持って储秀宫に到着していました。そして储秀宫の侍女である芝兰に
璎珞が話した枇杷膏(琵琶膏)の件を故意に話します。
芝兰の顔色が変わります。この時同時に璎珞は高難易度のcǎixiá【彩霞】((朝焼けや夕焼けなど)色のきれいな雲)の刺繍を作っていまいた。
みなが璎珞の才能をほめ勝算を与えますが、璎珞は逆に嫉妬される事になります。
しばらくして芝兰がやってきます。高贵妃が璎珞を呼んでいると言います。


璎珞は自分に危険が迫っていると考えます。储秀宫に入る際に故意につまずきます。
そして耳が不自由である事をよそおいます。
高贵妃は枇杷膏(琵琶膏)の件を聞きますが、ずっと気の狂っている様な対応をします。
そして元宵の団子を欲しそうに眺めます。
高贵妃はその団子を沢山璎珞送り、全部食べるように言いつけます。
璎珞は直ぐにそれを食べ始めます。

感想

危険が迫ってきました。この危機を馬鹿を装い乗り切るつもりです。こんなので大丈夫なんでしょうかね??