異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海ポートレート撮影会「和服少女」という事でしたが。。。

2017-11-17

今回というか今週は室内の撮影会です。スタジオは上海宝山区复旦软件园の3階です。
地下鉄3号線の江湾镇から歩いて行きました。

ここ最近寒いので、室外の撮影も少なくなってきた?感じでしょうかね、私は室内のセット撮影あまり好きではなりません。なぜかというと、全部作りものだからです。
実はポートレート自体作りものって感じもします。もっと自然な感じで撮りたいです。


この撮影会は1回目、2回目とあって、私は2回目に参加するのですが、現地に着くと一回目はもう始まってました。
セットは和風の部屋です。こんなところにこんな部屋があるとは。。。

モデルさんですが、なにその服。。。。。全然和服じゃないやん。これ何?寝巻?祭りのときの法被?って感じですね。

ようやく撮影が終わり、私達の番です。
一応照明は設定されているのですが、私はGodoxのv350Sも使って撮影します。

周りの中国人は私が日本人だと知っているので、日本行ったらこんな感じなのか?と聞いてきますが。。。。


そんなわけないじゃん


私もこんなの始めて見たと行っときました。でも京都とかだとありそうな感じですね。

今回もカメラはα7S2です。
レンズはSIGMA135mmArtとSONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z、LAOWA15mmF2ZERO-Dです。

レンズ3つ使ってますが、解像は圧倒的にSIGMAが上だと思います。ただ室内だと135mmはちょっと望遠すぎますかね。

今日のモデルさん、とても気さくというか、よい人のように見えました。カメラマンのいろいろな要求に答えていました。

角度によって、綺麗に見えるときといまいちな時があります。

なるべく綺麗に見えるように撮りたいのですが、こういうのは中々上手くいきませんね。
上目で見ると結構私の好きな感じな顔になります。

このモデルさんに目線を合わせてもらう時「こっち、こっち」というと、分かるようで効果てきめんですwモデルさんの気分を上げて行くのも重要です。

小道具を使ったりして色々やってくれます。
良い子だと思います。

最後は背中を撮らせてくれるという事で、背中を撮影しました。

このモデルさん中々良いですね。いろいろと自分の中で課題が出来た感じです。

知り合いには今週のエロかったねといわれましたが、そうでしょうかね?自分で気にはそうでもない気がします。

写真を後から見てて思ったのが、ショットごとに顔が全然違うな〜と思いました。