異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海週末撮影会「川沙黒森林」太陽と人物のポートレート

10月28日土曜日、予定していた用事が午前中早く片付いたので、天気も良かったこともあり、昼から急遽撮影会に申し込みました。
予定していた事については来週書きますw

今回の撮影場所が遠かったのであまり申し込む人がいなかったのでしょうかね。まだ枠が空いていました。
15:10~という撮影会です。この時間帯、最近は日の入りも早いので、あわよくば夕焼けあたりにならないかと。。。。

という事で撮影場所は、上海浦東新区の川沙です。
集合場所は地下鉄2号線の川沙駅と、华夏东路駅の間にある場所です。こんなところ一人で行けるのでしょうかw
タクシーで行けと言う事ですが、タクシーあるかどうかも微妙です。


2号線も广兰路で乗り換えて、空港行きの短い車両に乗り換えるのですが、結構人がいました。
华夏东路駅で降りてタクシーを探しますが、いません。時間もあるので歩いていく事にしますが、これがまた。。。
結構遠い。。。途中でこの遠さに気付いて自転車を探しますが、見つからず。。。
具体的な場所も分からず。。。。森の中に撮影している人達がいてこれかなと思って近寄ります。ビンゴでした。
それにしても不親切ですね。だからここの撮影会余り好きじゃないんですけどね。
結局5分ぐらい遅れて到着となります。
同じように到着していない人が何人かいました。

撮影は始まっていて、黒い服の美女がポ―ジングしていました。
こんな場所で??と思ってましたが、出てくる写真を見るとまあまあ良い感じだったような気がします。

そして今回はカメラをα7S2の1台だけ持ってきています。理由はSIGMA135mF1.8Artを買ったからバックのスペースがないのと、1kg重くなったからという理由です。
いつものリュックを背負うと結構重いです。
今回のレンズ
SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8
LAOWA15mmF2-ZERO-D
SIGMA135mF1.8Art
の3本です。

まずは普通に撮影、F1.8開放です。

そしてついにSIGMA135mF1.8Artを使っての初撮影です。MC-11とα7S2を使ってますが、やはりAFのピントがいまいというか遅いですね。
途中からマニュアルにしました。
後で調べてみましたが、どうやらMC-11のファームウェアをアップデートしないといけないようです。
SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E / EF-Eファームウェアアップデートのお知らせ | アクセサリー | SIGMA|株式会社シグマ


他の人は望遠を持ってないようで、一人だけ遠く離れた所から撮影です。wもう前の人達が後ろに私がいることを忘れて、というか気にしてもいないでしょうが、バンバン前に入ってきます。

こっちはこっちで撮り終わったら避けろとw


日が落ちてきて、太陽の光芒を入れようと何とか頑張って入れて見ます。
太陽の光芒は太陽を半分何かに隠すようにすると出やすいです。
そして今回は煙があるようです。この煙で光の放射を表現で来て中々良い感じになりますね。

黙々が凄くなってきて。。。。モデルさん煙たそうですが。。。


日がさらに落ちてきます。


結局、太陽は見えなくなりましたが、日が落ちる前に終わってしまいました、ここ、夜空も中々よさそうですね。


帰り道はどうするのって話です。あの距離は歩きたくない。。。
参加しているカメラマンが、滴滴を使ってみると割と簡単に見つかったようです。
という事で便乗して、川沙駅まで載せてもらう事にします。
駅で解散、12元だったので3人で一人4元w本人は要らないと言ってましたが、wechatに友達申請して渡しておきましたw
彼どうやら初めての参加だったようです。


帰ってきて映りをを見て見ました。
135mmのピントは中々難しい物がありますね。ピントがばっちりの写真はものすごい解像度だと感じました。
また背景が浮き出るような感じも素晴らしいです。



135mmは中一光学のF2.8も持っていたのですが、やはりレンズは良い物を買った方がいいみたいです。