異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

浙江省天荒坪への星空撮影ツアー(4)真夜中の光绘画撮影会

2018-06-16 天荒坪

天荒坪星空撮影ツアーに参加しています。
前回星の撮影に出かけましたが、天候が霧ってきて、どうしようもない状態になり、残念です。
その前回の記事はこちらです。
www.sonnagaya.com


この日の星空撮影はどうやら失敗に終わりそうです。。。天気はますます悪くなっていき、雲がものすごい速さで動いています。
風も強くなってきました。この季節でダウンを来ていますが、それでも寒いです。

という事で、とりあえずテントに戻る事にします。テントの中出はさすがに寒さはしのげますが、それでもやはり寒いです。
自分で持ってきた寝袋に入って、さらにその上からレンタルの寝袋をかけてあったまります。


おっちゃんと話をして、0:00過ぎにもう一度、空を見に外に出ると言う事にします。


そして0:00過ぎ。。。。外に出て見ると。。さらに風と雲が。。。凄い事になっています。
テントには霧がかかって水滴が粒のようについています。これはもう無理ですかね。。。
主宰側で光绘画撮影というものを行うと言う事でついて行きます。
まあいつものグルグルだと思ってましたが。。。案の定グルグルです。グルグルは私的にあまり興味が無いのですが、とりあえずついて行きます。


この人達、毎回ピントを合わせ治すためにライトをつけるのですが、めっちゃ邪魔です。だから嫌いなんですよね。

しかし今回はそれ以外にも、面白い機材を使ってまさに光绘画撮影という感じです。

もしもの為にこういう小道具を持ってきてたんですね。。

午前2時ぐらい、ほとんどが寝静まった後、ガイドカメラマンさんと話をしました。
元々ガイドさんの予定でも今日は星が見られると踏んでいたようです。しかしながらアプリで調べて、今日はもうずっと曇りだと判断したようです。
今日はもう無理だと。。。そのあとはいろいろ言い訳をしていましたが、まあ天気だけは予想できませんね。
そしてこの場所についても、光が多くて撮影にはそんなに向いていない感じがしました。こういうところは事前に調査してほしいと行っときましたが。。。

という事で寝ることにします。
あまりの寒さに、スキー場の屋根の下にテントを持って逃げ込む人が続出します。この人達。。。。もうキャンプというよりも野宿ですね。
私は最後までキャンプ場で寝ましたが。。。ナイターの照明が明るすぎて、これ寝るに寝れませんね。。。。



それにしても残念な夜でした。