異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国ニュース-親切で始めたことが、いつの間にか義務になる世界


最近中国語の勉強の為ニュースをよく見ています。
Wechatでしたのようなニュースが流れてきました。ので紹介したいと思います。
世の中の悪い一面を見たような気がします。

他为183个孩子捐300万,死后却遭家长嫌弃死太早:有些人就该穷一辈子!
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5NTAyODc2MA==&mid=2654467882&idx=2&sn=b282cafce1fe1e5c33e58e011ecb0781&chksm=bd3d9d5d8a4a144bde70290826

というニュースですが、意味としては以下になります。

183人の子供の為に300万元を寄付していた人が、亡くなってからなんでそんなに早く亡くなるんだと文句を言われる
何人かの人は、一生貧しいべきである。
という事ですが、ある物語があります。
ある男性歌手が、自分の稼いだお金を、貧しい子供たちの学習の為に寄付することにしたそうです。
文章中にある言葉はこんな感じです。

「开始是不会拒绝人,后来是拒绝不了」
始めた時、断る人はいなかったが、その後断れなくなった
「我想着能帮就帮,结果帮来帮去好像成了我的责任」
話足は助けたいと思っていたが、結果は助ければ助けるほど自分の責任になったようだ

「我不要求他谢我,但为什么帮了忙却吃力不讨好」
私は感謝してほしいとは思ってないが、何故助けても感謝されることは無いのか

「你是善良没有错但善良被人当成了傻也是事实」
貴方は善良で間違ってはいないが、善良な人が人に馬鹿にされているのも事実です。


何があったかと言いますと。。
この寄付をしていた男性は癌になり37歳で亡くなってしまったそうです。
亡くなる前、にあった話だそうですが、病院のベッドの上でこういう電話がかかってきたそうです。

「什么时候能汇款?」
何時振り込まれるんだ?

「我现在在治疗不能继续汇款了。」
私は今治療中で、続けて振り込みは出来ない

「你不是说好把我孩子供到大学毕业吗」
貴方はわたしの子供を大学卒業させるのではなかったのか

「你这不是坑人吗?」
貴方はペテン師じゃないのか?


という事で感謝も無く、ただの催促の電話だったそうです。

読んでいてちょっと腹が立ってきました。。。
この中ではもう一つ例を上げています。

小吃店の店主が、沢山の乞食が食事を出来ないところを見て、無料で饅頭を配る活動をしたようです。
活動を続けて直ぐに、店主を訪ねる人がいたようです。
「私はまんじゅうを食べないのでその分の現金をくれ」
「私達は気持ちとして饅頭を送っている」
と言うと、この人はあきらめずに続けて話します。
「私はまんじゅうを食べない、貴方達も作る手間が省ける、貴方がお金をくれれば、貴方は楽になる、リラックスできるでしょう」
と。。。そしてさらに
「貴方がいつもくれるこのような犬も食べないものより、私にお金をくれ」
さらに、店主を疑問視する人もいたようです。
「どこにこんなバカがいる、はっきりとは言えないが、売れなかった問題のある饅頭を上げているんだろう」

こういう事を言われた店主。。。これはやっていられないですね。



このニュース中ではこう言ってます。

而世界的残酷真相是:有时你的善良,并不会得到善意的回馈。
世界の残酷な真相:時には貴方の善良は、必ずしも善意として返ってはこないと。。


全部が全部こうではないと思いますが、こういう人もいることも事実、
個人的には中国だからという事でもないと思います。
こういうのを見るとちょっと人の愚かな面に嫌気がさしてきますね。