異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国高速鉄道の切符購入方法3パターン

上海虹橋駅
中国の高速鉄道は高铁(ガオティエ)と言います。
路線は2018年現在今直延長され続けています。そのうち中国全土高速鉄道で行けるようになるかもしれませんね。

そしてこの切符(火车票)なのですが、いろいろな所で購入できます。
ですが、地下鉄の駅では買うことはできません。

料金ですが、時間や、日によって違うことはないような気がします。
1等席、2等席、商务席、無席というのがあります。
高鉄にはないですが、寝台車には硬卧(硬いベット),软卧(柔らかいベット)という席もあります。
無席は席なしです。無席が無い高铁もあります。
商务席はすごく高いです、桁が違うので。。おそらく先頭の席ではないでしょうかね
1等席(横4列)は2等席(横5列)に比べて若干広いです。さらにお菓子が付いてきます。
車種によってコンセントが付いていたりしますが、ついてないのもありました。
まあ基本的には2等席で良いのではないでしょうかね。
Gの列車が一番早い列車ですこれを「高铁(ガオティエ)」と呼びます
その次がD「动车(ドンチャー)」になります。ここまでが高速列車です。
以下はKとかですが、これらは非常に遅い列車です。


それでは3つの購入方法を紹介します。

1、火車駅(火车站)で直接買う

直接火車駅に行きます。上海だと3つぐらいありますね。
この方法ですが、火車駅で外国人が切符を買う場合、窓口で並ぶ必要があります。
場合によっては売り切れていたり、すごい人が並んでいます。
外国人はパスポートが必要です。
また窓口だと2週間先ぐらいまでの切符しか買えません。
と言うことであまりお勧めできません。

2、最寄りの火车代售处で買う

近くの火车代售处を探してそこで買う。
パスポートだけで買え、その場で切符をもらえるのでるので結構便利です。
ただし、切符の有無、時間等が分かりにくいですね。
日本みたいに調べてくれないので事前に調べておく必要があります。
全国どこの切符でも買えますが、受け取りの際に手数料5元/枚がかかります。
※2018年現在、上海火车站では手数料が必要ありませんでした。ただし、何処の駅でもいらないかは不明
他の人の分も買う場合はパスポートのコピーが必要です。

3、スマホアプリやネットで買う。


アプリだと検索できるので便利です。アプリはCtrip(携程),阿里旅行などいろいろあります。
只查高铁动车(GとD)だけを探すこともできます。
火车票で行きたい場所や時間を検索します、チケットがあるか、何時間かかるか、経由する駅も分かります。
アプリで購入さえしてしまえば後は切符の受取場所を考えます。
これも3パターンあります。

Ctripの高速鉄道チケット予約サイトURL

やはりアプリで買うのが楽ですね。
買ったはいいが、チケットは取得しなければ使えません。外国人の場合、取得が結構面倒だと感じます。
中国人は直接駅に行って、身分証を使って機械から自動で出せるのですが、外国人は。。。。。
普通にチケットを買う人の中に混じって行列に並ぶ羽目になります。旅行などで時間に追われる時にはこの時間がものすごく無駄になりますね。
という事で続いて買ったチケットの受取方法を書いていきます。

1.宅配で送り自宅で受け取る。

購入時に宅急便で送ってもらうこともできますが送料がかかります。
一度Ctrip(携程)で買ったことがあるのですが、
一枚ずつ買うので往復で買ったら送料が1枚ずつ5元かかりました。。。
さらに一枚づつ違う宅急便の袋で届きました。これってシステム何とかならないんでしょうかねww

2.火車駅で受け取る

宅配してもらわない場合は、各火車駅で、直接窓口に行き、チケット番号を見せ切符を受け取ります。
これだと手数料がかかりません。ただし、その場所からの出発ではない場合は手数料がかかります。
例えば、上海虹桥で受け取る場合、上海虹桥発か上海虹桥着の切符ではない場合手数料がかかります。
また沢山人が待っていると、時間に追われる可能性があります。
何回も乗り換える場合は、空いている火車駅でまとめて受け取っておくと楽です。
まあそうすると無くす可能性も出てきますが。。。。
※2018年現在、上海火车站では手数料が必要ありませんでした。ただし、何処の駅でもいらないかは不明

3.最寄りの火车代售处で受け取る。

スマホアプリで買った切符を街中にある「火车代售处」で受け取ることもできます。
アプリの取票番号を伝えると発行してくれます。これはアプリの画面を見せたほうが早いかもしれませんね。
「火车代售处」で受け取る場合手数料がかかります。
それだと直接買いに行けと言う感じですが、その場でチケットの時間指定するのって結構大変だとおもいます。



以上3パターン紹介しました。
日本の新幹線はネットで買えないのに(たぶん)。。。中国はそういう所が便利ですね。

一応文中にも書きましたが、もう一度書いておきます。
中国人は買ってさえおけば、火車駅で身分証をかざせばチケットが出てくる機械があるのですが、
この機械パスポートに対応していなくて、今のところ(2018-02時点)外国人は使えません。
中国人は身分証だけでOKな所もあるようですが、あれどうやっているんでしょうね??
私も一回経験しましたが、窓口が閉まっちゃうとチケットが買えない状況になります。
窓口は朝7時ぐらいから夜9時ぐらいまでしかやってません。
外国人は遅い時間や早い時間の高速鉄道に乗る場合、必ず事前に切符を手に入れておく必要があります。


チケットがすべて売り切れの場合

アプリではキャンセル待ちができます。しかし、キャンセルが出るか出ないかは運次第で、しかもぎりぎりまで結論が出ないのであまりお勧めできませんね。何回か試しましたが、成功した試しがありません。

1か月ぐらい先までしか買う事が出来ない。

窓口で買う場合ならわかるのですが、どういうわけか、ネットで買う場合も、1か月ぐらい先のチケットしか買う事ができません。それ以降は予約という形になります。28日前までは買えます。


距離感覚

3時間ぐらいの移動距離なら結構遠いところまで行けます。
上海からだと北へは山東、南だと福建省の北辺りまで、またこの距離だと片道330元ぐらいです。
ちなみに上海→北京(南駅)は高速鉄道を利用すると最速でで4.5時間かかります。飛行機だと2時間前に到着して、大体フライト2時間強、さらに飛行機は市内まで遠いのでまあ時間的には余り変わらない気もします。精神的には飛行機の方が楽ですけどね。


私が乗った高速鉄道で一番長い距離は上海→重慶です。これ10時間ぐらいかかりますが、一応寝台車で座席がベッドです。いろいろな景色が見れて良かったです。

www.sonnagaya.com