異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

Angelababyの大漢情縁之雲中歌 39話あらすじ 広陵王殺害事件

中国時代ドラマ 雲中歌

テレビの方は今週で最終回44話まで進みました。
私の方は後5話です。
最後は。。。なんだかな。。と言う感じでしたが。。。


第39話 広陵王殺害事件

虎儿が庭で本を読んでいます。
そこに霍成君が妃らを引き連れて入ってきます。
虎儿は勉強があるので帰ると話すと、霍成君はみかんを食べてから行けと言います。
虎儿が動けなくなった所、孟珏が虎儿を連れ帰ります。
虎儿は孟珏に話します。
上官小妹が宫里の者がくれるものを簡単に食べてはいけないと話した様です。
孟珏はそれは太皇太后にお礼を言わないといけないなと虎儿に話します。
そしてこの事は誰にも言ってはいけないと話します。


霍成君はじぶんは体調が悪いと言い、刘询は昭阳殿で寝ることを承知します。
そして七喜にだれにも邪魔はさせるなと言いつけます。


公孙长使は服部が痛みます。出血したようです。
宫人は昭阳殿に報告に行きますが、七喜が拒みます。
仕方ないので许平君に報告に行きます。公孙长使は流産してしまいました。
许平君は昨日、霍成君にもらったみかんを食べたことを聞き、
昭阳殿の刘询に知らせに行きます。
许平君は霍成君に自分の胸に聞いてみろと話しますが、
霍成君はわざとふらついて刘询の懐に入ります。
刘询は霍成君を抱き抱え许平君に下がれと言います
そして公孙长使に健康食品を送るように言います。


刘询は霍光に广陵王の出兵の命令を出します。
その知らせは于安にも届きます。
云歌は流星令を于安に渡し、すぐに广陵王(刘胥)を殺害するように指示します。
云歌の結婚の話を聞いて駆け付けた云翊(兄)がその話を聞いていました。
刘胥は于安らのの攻撃にも何とか逃げ切りますが、云翊が助けを求める刘胥を気絶させ連れ帰ります。
云歌は孟珏の仕業だとおもい問いただしますが、孟珏はこのことを知りません。
孟珏は云歌をおびき寄せ刘胥を処理しようとしていることを知ります。
孟珏は自分がやると言いますが、云歌はこれは自分の事なので自分でやると言います。
刘胥が行方不明になってしまいます。


霍成君は陰で孟珏が云歌のために復讐に走ったのではないかと、
刘胥を始末して、刘询後からをそごうとしていると考えます。
そして孟珏をそばに置いておくことは安心できないと皇帝に話します。
刘询は自分で考えると言います。
刘询は椒房殿につきます。そして许平君を孟府に向かわせます。


云翊は阿竹を呼び質問します。
阿竹は今、云歌は自分のことを自分にも話してくれないと言います。
云翊は阿竹に自分の場所を教えます。
云歌の動向を見て何かあればその場所を訪ねろと伝えます。


许平君が孟府につきます
云歌は今は夫婦が互いに客人のように尊敬し合う状態だと話します。
云歌はさらに许平君のためにこうしていると言います。
孟珏が長くここにいることで虎儿の太傅を務めることができると。。
云歌がそう話すと、许平君もそれ以上話すことができません。


云歌は于安に许平君は刘询に頼まれて探索にきたと話します。
でも自分に疑いをもったか孟珏に疑いを持ったかはわからないと言います。


阿竹はそれを聞いて云歌に訪ねます。云歌は子供を失ったことを阿竹に話します。
阿竹は云翊に事情を話します。それを聞いた云翊は刘胥を殺そうとしますが、
孟珏がそれを止めます。
朝廷は既に人を派遣して捜索している殺せば逃げられないと。。。
孟珏と云翊が戦いになりそのすきに逃げようとする广陵王、
しかし云翊の投げた剣が广陵王を貫きます。
云翊は云歌のためだけではない刘胥の性格は凶暴で、彼が出兵すれば
あたりは血の海になると。。父の命を受けてきたと話します。
話している最中朝廷の兵がやってきて、云翊は射抜かれます。
孟珏は自分に傷をつけ、戦ったように装います。


云翊は牢屋に入れられます。刘询は孟珏に鞭を使い尋問をさせます。
云翊は何も話しません。霍光は云翊を助けたいようですが、どうすることもできません。
刘询は引き続き张贺を付け、云翊を拷問するように指示します。


云歌は霍光に兄を助けてくれと話しますが、霍光にも手はありません。
于安は云歌に話します。虎符があれば牢に入れると。。。
云歌は宮廷に入り许平君に事を話し助けを求めます。