異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 中国旅行記メニュー

 スポンサーリンク

桃花島(浙江省・船山)旅行(3)桃花を求めて散策。桃花島の夜。

2017-4-2
桃花島に来ています。前回の記事はこちらです。

桃花島のホテルに到着してチェックインをします。
携程(Ctrip)で予約した、ホテル桃花苑です。

ホテル・桃花镇

f:id:shan1tian2:20170402161743j:plain


この桃花苑宾馆 (Taohuayuan Hotel)はこの辺(桃花镇)で一番大きなホテルではないでしょうかね?
下はフロントの写真です。おばちゃんがいっぱいいます。

ホテル情報:
桃花苑宾馆 (Taohuayuan Hotel)

この辺は桃花島では割と賑やかな場所です。超市(スーパー)、食事処もたくさんあります。

チェックイン

ここでパスポートを提出しますが、今ビザの更新中なので代わりの居留许可证凭单(RECEIPT)を見せます。
携程(Ctrip)ではチェックアウト後支払になっていましたがホテルのフロントのおばちゃんはどうも納得がいかないようでした。
押金(デポジット)もないようで、とりあえず部屋に入ることができます。
別の旅行者が部屋の空きを確認に来ていましたが、この日は満室のようです。
やはり事前に予約しておいてよかったです。3階の311号室です。
エレベータはありません。

ホテルの廊下
部屋はこんな感じです。

一応アメニティも一通りそろってますが、水とティッシュがありませんでした。



部屋の中で、今後の計画を考えます。念のために明日の上海までのバスを予約します。17:15分の上海行きを予約します。
今回の予約ははすぐに結果が着て、購入完了です。これで明日帰るにしろ、帰らないにしろ、とりあえず帰りの足は確保しました。



とりあえずフロントのおばちゃんが、別の客にホテルの右側をずっといくと桃花が奇麗だと話していたのを聞いて
それを見に行くことにします。
外に出ようとするとフロントのおばちゃんに声をかけられます。デポジットの話かとおもいましたが、
宿泊料金を払えと言われます。私は払ってもいいけど携程(Ctrip)側にチャンと連絡しておいてと話します。
そこでホテル代320元払います。


外に出て散策していると所々に桃花が植えられています。

また桃花林的な所も見つけますが、まだ満開にはなっていませんでした。
これが全部咲くと結構きれいなのではないでしょうかね。

次の日、射雕英雄伝旅游区に行った時に気づきましたが、もう少し進めばもっとよい桃花林的な所がありました。
適当に写真を撮ってホテル付近まで戻ってきます。


ホテルに戻って気付きました。。
USBの充電用の頭を持ってくるのを忘れました。
これではカメラとスマホの充電できません。あわてて探しにいくことにします。
なんとか超市をみつけて買うことができました。安心したのでついでに散策をします。
だんだん薄暗くなってきました。。。
菜の花畑
結局船着き場まで歩いていきましたが、歩いていけないこともありませんね。
辺りは暗くなり、船着き場は完全に封鎖されていました。

船着き場

戻りながら星を確認します。この日は三日月ですが、月が出ています。星野撮影にはちょっと邪魔ですね。
しかしながら光害が少ないのか、空気の指数は中度汚染と良くないのに、星は割と奇麗に見えています。
ちょっとは期待できるかもしれません。
夕食の場所を探しますが、来る時も見ましたが、海鮮の店が多いようですね。
流石に一人でここの海鮮は食べる気がしないので、簡単な店を探しますが、簡単な食事の店はなかなか見つかりません。
途中で割と大きめなスーパーがあったので最悪なことも考えて、食料を買い込みます。
桃花镇の街を一回りして、やっとチャーハンや麺がある店を見つけました。




星の撮影

ホテルにもどり手持ちで撮影してみます。
桃花島星の撮影
その後、窓から何度か確認して雲の様子をみながら、明かりが消えていくのを待つことにします。
部屋のなかでしばらく休んでから外へ出ます。月は大分下まで落ちてきました。
しかーし。。見えていたオリオン座がなくなっています。

夜空の撮影

シリウスしか見えていません。StarWalk2で確認してみると。。。
どうやら天の川はシリウスの上に横向きで出ているようです。オリオン座は山の下に入ってしまったようです。
天の川は見えないことは分かっていましたが、オリオン座も見えないとは。。。
やはり時間を良く見ておかないとだめですね。

上を見るとと北斗七星が出ています。郭靖が北斗七星を見て天罡北斗阵を思い浮かべたシーンを
思い浮かべました。。。。どうもドラマ中毒ですね。。


22:00すぎ、ホテルに戻るとホテルの照明が消えていました。
辺りにはどでかい音でカラオケを歌っている人の声が響いています。
どっかに野外KTVでもあるんでしょうかね?
ここで北斗七星を撮影してみます。

星を撮影していると時間が経つのが早いですね。
部屋に戻って寝ることにします。

ちなみに今回の星を撮影する際にソフトフィルタを(Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] (W) 62mm ソフト描写用 262887
)使っています。
ソフトフィルターを使うと周囲の解像度は少し落ちる気がしますが、明るい星が強調されます。
星の撮影には使えると思います。


続く。。