異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 中国旅行記メニュー

 スポンサーリンク

桃花島(浙江省・船山)旅行(2)桃花峪景区の桃花

2017-4-2
桃花島に来ています。前回の記事はこちら。



上海から約7時間かけてようやく桃花島に到着しました。
船着き場は結構立派な感じですが、海水が茶色いです。
船着き場を降りるとバスや三輪車が待ち構えています。


私はとりあえず、明日の帰りのチケットが買えるのかを確認しましたが、明日の分は明日買えと言われました。。。
この船着き場には黄药师の石像がありました。桃花島っぽいですね。


大体の行き方以外は下調べを全然してなかったのですが、ここの番号が書かれているバスが、各観光地行きのバスのようです。

とりあえずバスのおばちゃんにホテルに行きたい(桃花镇)というと、8元だと言われて、バスに乗ります。
ホテルの場所は桃花镇ですが、バスは何か所かに止まります、途中知らない間に桃花镇を越え、砂浜に到着します。
ええ?これなにも行ってくれないのか?それとも私が聞き取れてないだけなのか?
もう行ける所まで行こうと思い、終点まで行くことにします。
そしてバスは終点の桃花塞まで行ってくれます。。。
後で考えると最初に止まった場所で降りるべきだったんですね。。。


宿が心配なのと(予約だけなのでキャンセルされると怖い)、腹が減っていたこともあり(この日は朝パンのみ)
そのまま戻ろうかとも考えましたが、せっかくなので桃花峪景区を見て回ることにします。
桃花島で最初の観光地になります。


桃花峪景区


ここ桃花峪景区が桃花島で一番の観光地のようです。
桃花塞は島の東に位置しています。桃花峪景区のチケットは45元です。
途中いくつかスポットがあるようです。
中に入り左回りで回ることにします。

桃花寨


入口は桃花寨です。
ここには桃花が少しだけあります。
ここの石碑の撮影スポット、子供が占領してなかなか撮影タイミングがありません。
島に来る時に運転手さんは人が多い時期は行かないほうがよいと言ってましたが、
そんなに人が多いわけではないですが、やっぱ邪魔ですね。
桃花峪景区

心字石

心字石
何のためにこれを作ったのでしょうね。。。
ここの人たちもなかなか避けてくれません。

东海神珠,龙珠滩

东海

階段を下りていきます。この辺りからは砂浜が見えますね。
階段
东海


遠くに島が見えますが。。。。。

しかし何のことはない。。ただの海です。
茶色い海水と、青い海水が混じってます。
水が青いと奇麗かもしれませんね。


さらに奥に進みます。

八卦亭,黄药师山庄


石の橋を渡ります。これすれ違いは結構危ないです。
黄药师山庄
落ちる人いるんじゃないかと。。。
写真の後ろに移っているのは东海神珠と言われる場所です。

たいそうな名前ですが、中は休憩所です。

黄薬帥山庄を超えて海岸線をさらに進みます。

碧海潮生


黄药师が吹く笛の名が使われている場所ですが、
これきっと波の音がそういうふうに感じるのでしょうね。ドラマではこの音でいろいろな症状が出ていますが、
ここのは単なる波の音です。

弹指峰


ドラマ内で出てくる、桃花島の島主、黄药师得意の弹指ですが、まあその名前を取ったということでしょうか、
突き出た出た岩を見ることができます

展望台

弹指峰から脇道を上に登っていきます。頂上の景色はさすがに良いですね。
展望台への道
ここからの岩の景色は結構奇麗です。

桃花茶庄辺り

桃花茶庄辺
近くには九陰白骨爪の洞窟とかがありますが、洞窟は閉鎖されていました。
九陰白骨爪
茶庄、ここは湖のある休憩所です。滝が流れてていますが、これ人工の滝ですね。
ポンプの音がします。

桃花園

桃花園
滝の奥にあるという桃花園ですが、
残念ながら桃花はまだ咲いていませんでした。
しかし木の数がこれだけしかないとは。。。

桃花寨


出口は再び桃花寨ですこっち側には桃花が結構あります。
もう少し密集させてほしかったですね(人が入れないぐらい)
ということで桃花峪景区には期待した桃花があまりないことがわかりました。。。。
これだけやったんだから、もっと桃の木を植えてほしかったですね。



ということでメインともいうべき桃花峪景区の観光が終わってしまいました。

マップでいう所の場所がどこかよくわからなかったりしましたが、一番残念なのは桃花園ですかね。
このマップの景色を期待したのですが。。。残念でした。

ホテルへ

桃花峪景区を見終わってホテルに向かうことにします。
今度こそ桃花镇と言い6元払ってバスに乗ります。
すると何と。。。桃花镇を通り過ぎていくではありませんか。。。
そしてバスは終点船着場まで行ってしまいます。着いてから、おばちゃんに桃花镇だって言ったじゃんと話すと、
ごめん忘れていたと。。。マジか。。。そのままバスに乗っていて良いといわれたので、
そのバス内で次の出発を待ちます。しばらく待ってバスが走り出しました。一番最初の停車場所でバスを降ります。
16:00ぐらいにようやくホテルに到着しました。




続く。。。