異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

桃花島(浙江省・船山)旅行(1)チケット取得、出発

2017-4-2
桃花島
桃花島は東海(東シナ海)にある島で、ドラマ射雕英雄传,神雕侠侣の舞台になっています。
省でいうと浙江省・船山市にあります。

その前に今回の清明節の休み、どこに行こうかと考えていました。
最初はどこにも行く気がなかったのですが、直前にやっぱり行こうと思いだし、
最初候補に考えていたのが、秦皇岛,武夷山,泰山等ですが、
チケットの予約状況とホテルの値段がめっちゃ高くなっています。
バスで行けるという事、丁度ドラマがで出てくるこの島がとても奇麗だったので行くことにしました。
移動手段ですが、船、飛行機、高速鉄道、バス、車(自分で運転)で行く方法がありますが、
一番早く行けそうなのがバスです。

チケット購入

ということで最初は携程(Ctrip)でバスのチケットを予約します。
残り一枚だったので買えたかどうかが心配でした。
次の日、全然連絡がないので直接電話で取れたのかを確認します。
するとしばらくして、ショートメールで取得失敗!と連絡がきますwww

こういうことなら早く言えよとおもいつつ、仕方ないので直接黄浦旅游聚散站まで行ってみることにします。

黄浦旅游聚散站は地下鉄4号線の南浦大橋駅の1号口を出てすぐにあります。
住所は外马路1588号黄浦旅游聚散站となっています。

チケットを確認します。清明節休暇ということで加班车(臨時バス)が出ているようです。
朝7:00の舟山(沈家门)チケットを買うことができました。138元です。
チケット購入にはパスポートが必要でが、今ビザの更新中なので代わりの居留许可证凭单(RECEIPT)を見せます。
舟山行きのバスはいろいろ種類があって桃花島行きは沈家门までのバスが良いようです。
チケットが取れた時点でホテルを予約します。桃花島にはあまり良いホテルはないようです。
桃花苑というホテルを携程(Ctrip)で予約しました。

舟山へ出発


次の日、7:00前に黄浦旅游聚散站に到着します。
人がたくさんいますね。普陀山に行く人が多いようです。
普陀山も東シナ海に浮かぶ島で中国仏教の4大聖地のひとつです。舟山にあります。
有名な観光地なだけあってここにいく人が多いようですね。

自分の乗るバスの看板がでないのでちょっと心配でしたが、
聞いてみると加班车(臨時バス)はそういうものらしいです。
時間になりバスに乗りますが、加班车(臨時バス)だけあってあまり高級ではないようです。

休暇ということもあって朝7:00過ぎでも上海の高速はめちゃ渋滞しています。
これ着くまで相当時間がかかるんじゃないかと。。。。
ここまで来るともう田舎ですね~今の時期は菜の花がたくさん栽培されています。

嘉兴(浙江省)に出るまで2時間かかりました。

そして杭州湾跨大橋(Hangzhou Bay Sea Cross Bridge )を通る頃には9:30です。
銭塘江の河口にある杭州湾ですが、海なのにここの水も茶色いです。遠くの方もガスってます。
f:id:shan1tian2:20170402093451j:plain
ひたすら長いこの橋、35.7kmあり、世界で3番目に長い橋だそうです。
はてしなく長いです。また全てが川になっているわけではなく干潟があります。


橋を渡り終え、宁波に着き休憩がありました。

ここで10分ぐらいトイレ休憩です。

この先、金塘大橋を渡りますがこの休憩後、完全に寝てしまって、橋は全く見てませんでした。。
起きたのは舟山に入ってからです。
高速を降り、バスは舟山定海汽车客运站に止まりました。
ここでたくさんの人が下りていきます。
私は終点、沈家门まで行きます。

船着き場までの交通手段


舟山普陀长途客运中心(沈家门)についたのは12:30分過ぎです。

そこから墩头の码头まで行くことになりますが、バスだと18番のバスで30分ぐらいかかるようです。
私は早く行きたかったのでタクシーを使います。
タクシーに沈家门客运中心まで行ってくれというと、客运中心はここだといわれます。。。
良くわからないので桃花島に行きたいから、というと、理解してくれました。
この辺りのタクシーは打标(メータを倒す)しないようです15元だといわれました。
移動中、運転手に話しかけられます。
あんた中国語うまいね、どこの国の人だと。。。
(この時点ばれるって、うまくないってことでしょうがwwww)
私は当ててみろといいましたが、
やはり韓国人だと。。。違うと答えて日本人だと話すと、

日本人がこんなに中国語出来るわけがないと言ってきます。
そんなことないだろうと話しましたが。。。
貴方の口音は一言聞いて中国人でないとわかると言ってきます。
本当に日本人なのかと。。。。
いったい上手いと思ってるのか下手だと思っているのかよくわかりませんね。。
それにしても一発で外国人だと見抜かれるとは。。。。
私の中国語もまだまだですね。

またなんで普陀山じゃなく桃花岛なんだとも。。。
いいじゃない。。そんなことは。。。。
とりあえずドラマをみたから行きたくなったと話すと、
そりゃドラマの見過ぎだと。。騙されてるよって。。。

話しをしているとあっと言う間に墩头の码头に到着します。
運転手さんは1時の船があるはずだと言って時間を調べてくれました。
いつもこういう運転手さんであればいいのですが。。

沈家门から桃花島へ


12:50分ぐらいに墩头の码头に到着しました、早速チケットを買いに向かいます。
最初13時のチケットがあるかないかを確認するとないといわれ、次は14:30分だと言われます。
一時間半待ちw。。快艇(早い船)のチケットもないのかと聞くと、もう無いと。。。。
せっかくあわててきたのですが、仕方ないのでそれを買おうとすると、
別の人がやってきて、13時の快艇(早い船)チケットまだ1枚あったようです。チケットは27元です。

なんとか助かりました。このチケットもどうやら臨時便のようです。
ここも人が多い休暇時期には臨時便を出しているようです。


船着き場に出ると。。。海水が茶色い。。。
なんか残念な感じです。それでも島まで行けば。。と妄想して乗り込みます。

快艇(早い船)なのであまり景色は望めませんね。

約30分から40分ぐらいでしょうか?




上海から約7時間かけてようやく目的地、桃花島に到着です。
ここの海水もやはり茶色い。。。。


最後にこの日の移動マップです
宁波から舟山まで寝ちゃったので記録されておらず?、線がいきなり飛んでます。


続く。。。