異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

泰山(中国山東)世界遺産へ一泊二日旅行(3)-中天門までのハイキング

2017-10-21
山東省泰山まで来ています。前回まででようやく泰山の麓、虹門に到着しました。
http://www.sonnagaya.com/entry/mounttai_201710-2www.sonnagaya.com


山の麓、虹門から登る人はあまり多くないようです。現在は中天門までロープーウェイで日帰り登山をする人が多いようですね。
ちなみに中天門から頂上付近の南天門までもロープーウェイがでているので、すべてロープーウェイを使うと結構早く見て回れると思われます。
ロープーウェイにどれだけの人が並んでいるか微妙ですが。。。ちなみに中天門までのロープーウェイ週末の料金は片道100元のようです。

泰山(Mount Tai)

Mount Tai is praised as peerless under heaven.

泰山は標高1524mで中国の道教の聖地、五岳一つに数えられます。
その五岳のなかでも「五岳独尊」といわれ、一番の山とされているようです。
ちなみに、そのほかの4つの山ですが以下になります。
南岳衡山、中岳嵩山、西岳華山、北岳恒山
また泰山は昔の皇帝が封禅を行う山として有名です。時代劇でもたまに出てきます。


現在の時間は大体12時ぐらいです。早速登山開始です。大体4時間ぐらい要する予定です。

虹門から中天門(泰山)


泰山に徒歩で上る人はここから登山開始です。
入口近くまではお土産屋さんや商店が並んでいます。同僚は持ってきていましたが、私は杖を持ってくるのを忘れたので3元の杖を購入します。

チケットのダフ屋がいます。定価よりも安値の115元で買えるようですが。。。これ買うとチャンと入れるのでしょうかね?

後は水を購入しました。しばらくは登山というよりも参道を歩いているような感じです。
周りの大きな岩には文字が刻まれています。
そしてようやく入場門に到着しました。ここからが登山ですかね


門をくぐってからもずっと緩い上り坂です。これは登山というよりもハイキングみたいな感じでしょうかね。

道もずっと木陰になっていて、心地よい感じです。
私たちは日の入りに合わせて、あわてずゆっくりと登ることにします。

途中の道でカメムシでしょうか異常なくらい沢山発生しています。。。到る所にいます、また沢山踏みつぶされています。
後で調べましたが、アカスジキンカメムシの幼虫のようです。


途中で横に河のようなものがありますが、水はまったくながれていませんでした。

ひたすらゆるい坂ですが、じわじわとボディブローのように効いてきますね。

ちょっと荷物多すぎましたかね。。。

ながそでを着ていましたが、途中で脱ぎ、半そでになります。



半分ぐらいは簡単に進みましたが、中天門近くになると少し坂がきつくなってきます。

結構きついです。上を見ない様にして登ります。

階段を登りきってようやく中天門に到着です。

ここまでで大体2時間、午後14時前に到着しました。ここで少し休憩します。

近くにあった店で牛肉ラーメンと少しの食事を食べます。出てきたのは蘭州ラーメンではありませんでしたが。。。
ついでに泰山ビールを少しだけ(2人で一本)飲みます。疲れているだけあってメッチャうまかったです。




ということで泰山登山前半でした。