異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

オルドスの撮影旅行でわかった事感想など。-砂漠の星撮影ツアー内モンゴル(15)

2018-05-11~13 オルドス撮影旅行 Shooting Trips in Ordos Desert

游侠客の内モンゴル・クブチ砂漠星空撮影ツアーに参加してきました。今回はまとめ記事を書いてみようと思います。
前回の記事はこちらです。

www.sonnagaya.com


今回、内モンゴル(内蒙)のオルドス(鄂尔多斯)市にあるクブチ(库布齐)砂漠の星空撮影ツアーに参加してきました。
今回のツアーのガイドさんは2人ともとても良い人でした。

一人は撮影指南のカメラマンでもう一人は全体の予定を立てるカメラマンさんです。
ただ、ツアーとしてはどうだったんだろうと思います。あまりにも行き当たりばったり過ぎです。
実は2日目のラクダの撮影には別料金がかかってます。まあ60元ぐらいですが。。。

後、撮影場所ですが、砂漠の地形は変わると言っても、やはり撮影に向いた場所を事前に探しておいてほしかったです。
まあとにかくありがとうございました。

中国人の写真愛好者の写真はすばらしい

という事で、旅行は終わりましたが、その後WECHATで作品の鑑賞会の様な感じのものがあります。
私以外の人達は後からコンポジットで合成なので、何日かしてから作品が出てきます。

何人かの写真はとても素晴らしいです。創造性もあると思いました。
伊達にに高いカメラ持ってないなと感心しました。
でもこの人は星の軌跡専門のようですね。
若者の作った繋げた天の川全景もとてもよくできています。
何となく自分の写真が恥ずかしくなってきますね。。。。


実はOMD-E-M1Mark2で撮った写真。。。ISOを上げるのが嫌で、1200前後にしていたので、液晶で見てるよりも星が薄くて。。。ほとんど自分の思うように映ってなかったです。
αの方はよかったのですが。。。


内モンゴルの感想など

内モンゴルの草原には夏に行った事があります。砂漠は今回初めてでしたのでその感想です。

砂漠は気温差が激しい。

季節は5月でした。想像していたと言いますか、聞いていましたが、夜は思いっきり寒いです。腹を壊したのはそのせいだと思ってます。
昼半袖、夜ダウンという感じの装備が必要です。
ちなみに草原に行ったのは8月でしたが、この時も夜は寒かったです。やはり北の方なのでこうなってしまうのですかね。

www.sonnagaya.com

砂漠でレンズ交換は出来ない。

出来ないと言うよりもしない方がよいと思います。見えてませんが、砂が舞っています。

星空は平地よりやはり山?標高だけではだめなのか?

今回は標高1000mぐらいある場所の砂漠に行きました。
砂漠の星空は綺麗でしたが、砂等が舞うと、やはりその分写真に映りにくくなるのでしょうかね?
自分が思ったよりも天の川が薄かった印象です。
そして山の上よりも星が少ないように感じました。また平地であることもあり汚染物質も下の方にたまっているのでしょうかね?
ここら辺には少なからず発電所の煙突がありましたから。。。。

中国で星を撮りたい時はやはり山の上に行った方が正解なんでしょうかね?

ラクダには気をつけましょう


草原だと馬になるのでしょうけど、砂漠はラクダです。後ろには近寄らない方がよいと思います。
ラクダに蹴られた所はまだ少し痛みます。。。。ラクダって意外と共謀なんですね?それとも撮影に駆り出されたから怒ってたとかwww



という事で今回の内モンゴル旅行記をまとめさせてもらいました。ありがとうございました。