異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

フフホト(呼和浩特)白塔空港-砂漠の星撮影ツアー内モンゴル(13)

2018-05-13 オルドス(鄂尔多斯)→フフホト(呼和浩特)

游侠客の内モンゴル・クブチ砂漠星空撮影ツアーに参加しています。
前回の記事はこちらです。

www.sonnagaya.com


ツアーが無事終了して、内モンゴルから上海に戻る途中です。

タクシーを捕まえてフフホト(呼和浩特)白塔空港まで急ぎます。
結局空港に着いたのは3時半ぐらいでした。料金は40元。。やはりここのタクシーは安いですね。


空港には自動入場ゲートがあります。身分証がないと入れないようになっています。以前はこんなのなかったのでここ数年でできたのでしょうね。

パスポートの私はそのゲートの横にある人工の窓口に行きます。あっさり入れました。
そしてそのせいなのか入り口での荷物検査はありませんでした。


次はフライトチケットですが、自動発券機が軒並み壊れている?ようです。
さらにここの発券機も身分証のスキャンが必要のようです。一応パスポートをスキャンする場所もあるようですが、良くわからないので、
機械のそばに居た係りの人(たぶん)に聞いてみると、カウンターに行けと言われます。。。。


カウンターに行くのはめっちゃ久しぶりなのですが。。。。この時、東方航空のカウンターはガラガラでした。
並ばずにすぐにチケットがもらえました。
今回はLの席です。なんでLの席にしたかというと、フフホトから上海は北から南に向かうのでLの席にすると、夕日が見られると思ったからです。


入場ゲートで少し並びます。スーツケースにカメラを入れておいたのですが、出せと言われました。

出せと言われたのは初めてです。後電子煙草のgloをみてこれは何だと。。。。电子烟だと言うと直ぐに戻してくれましたが。。。。


思ったより早く入れたので飛行機を撮ってみる事にします。
前に上海の友達が、飛行機の発着を撮るのは難しいと言っていたので。。。まあ夜だと難しいのでしょうね。
こういうのを流し撮りで背景を動かすとかっこよいのでしょうけど。

そして飛行機に搭乗です。ほぼ16:30分定刻の搭乗になります。