異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

砂漠の天の川-砂漠の星撮影ツアー内モンゴル(10)


2018-05-12 オルドス(鄂尔多斯)-クブチ(库布齐)砂漠 ,Ordos,Desert,Milkyway

游侠客の内モンゴル・クブチ砂漠星空撮影ツアーに参加しています。
前回の記事はこちらです。

www.sonnagaya.com


神光响沙旅游区に来ています。昼間活動せず、日が沈みそうな時間から動き出す。。。少し変わったツアーです。
まあ今回は旅行というよりも撮影会といった方がよいのかもしれませんね。
ようやく日が落ちました。食事もとりました。ここからが本番です。少し雲が出てきましたが、西側なのでまあ良い感じです。
砂漠に入る時、私は早くもミスをしてしまいました。忘れ物です。懐中電灯をバスの中に忘れてきてしまいました。。。
バスは1時まで帰ってきません。。。。。これはちょっと困りました。単独行動ができません。

夕方行った場所よりもさらに奥地に進みます。近間は完全に真っ暗ですが、この広大な砂漠でもやはり遠くに少しだけ光が見えます。
相当遠くなんでしょうけど、やはり今の中国で完全に真っ暗な場所は無いのでしょうかね?もっと奥に行くと、今度は南側にも光が見えてきました。。。。
もう仕方ないですね。花火の為に撮影場所を変えなかったのが。。。。。
そしてその花火は何の前触れもなく。。。。。。。。。。。。。。。一瞬で終わりますw構えた時にはもうこの状態です。


結局光害がどうしようもないので、砂漠内の砂丘で光をなるべく隠すようにして撮影場所を決めます。
ここでまずグルグルを撮影。これ私的にはあまり興味ないのでコンポジットで適当に撮りました。

ほんとこういうの好きですよねww

この時期の天の川は地平線に平行になっています。時間がたつにつれ上がっていくような感じなのです。
スマホで少し光を入れ地面を照らします。。。。。北斗七星は明るいですが、北極星暗いですね。


夜空一面の星、この星空はずっと見て痛い景色です。
という事でまず星の軌跡を撮る事にします。みんな一斉に北に向いて撮影しだします。
何とか軌跡を撮りたかったのですが。。。。魚眼レンズを使っていたせいで懐中電灯の光が入ってしまいます。。。残念でした。。。
もう一度やり直します。昨日もそうでしたが、地面がほぼ真っ暗なので、コンポジット撮影の設定を変えます。
大体一回を10秒とかにします。が、しばらくすると、雲が出てきました。星が隠れていきます。そして他の人達が撮り終わったようで。。。。

地面が暗いから明りを一瞬付けて良いかというと駄目だと。。。。もう。。。。これだから団体だといやなんですよね。。。

※この日は、ピクセルマッピングを何回やってもホットピクセルが出てくるので、ここでオリンパスの使用をやめました。


そして天の川の上がり具合を見てみます。

結構上がってきましたが、こちらもだんだん雲の影響が。。。。。
しばらくするとほとんど隠れてしまいました。。。残念です。。。
気温もすごく寒くなってきました。


ガイドさんたちが帰ろうと言いますが、それでも粘っていると雲が晴れていきます。ちなみにこれこの旅行最後の撮影なんですけど。。。
こんなあっさり終わっていいの???ここぞとばかりに撮影を再開をします。



まあまあ撮れたような気がしますが。。。どうでしょうかね。。。
何回か催促されますが、それでも粘ります。。。嫌な客ですねwww


この日はやはり昨日よりも天の川がはっきり見えていた気がします。残念なのは雲ですが。。。。
www.sonnagaya.com


という事で、結局今夜も2時まで砂漠で撮影していました。