異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中秋節桂林旅行(10)最終回感想、観光スポット、酒店

旅行 中国旅行 桂林 広西 陽朔

桂林旅行最終回です。ということで感想とまとめを書いていこうとおもいます。

前回まではこちら。

桂林⇒上海

中国の空の事情ですが、3000m以上の上空はほとんど軍の領域で民間機が通れる場所が少ないそうです。 そのため中国の飛行機はいつも遅れると言われているようです。一応クレームは出しているようですね。 結局飛行機は20分遅れの20:40分ぐらいに桂林を出発しました。 結構迅速な準備ですね。地方空港は大都市と違ってあまり送れなくてよいですね。 私は疲れていたのでほとんど寝ていました。

22:40分定刻に上海浦東空港に到着です。この時間だともうバスかタクシーしかないのですが、 疲れていたのでタクシーで家まで帰りました。タクシーも結構並んでますね。 今浦東空港は警備が厳しくなって黒タクを排除する方向に行っているように思えます。

桂林旅行まとめ

2016年9月15~17日の3日間でしたがとても良い時間を過ごせました。

桂林の木々は紅葉しないということなので年中緑だそうです。したがって季節に関係なく旅行に行けそうですね。 ただし雨が多い時期は洪水の心配、暑いい夏には熱中症の心配があります。

大体の移動距離はこんな感じです。

  • 2016年9月15日(市内)

  • 2016年9月16日(川下り)

  • 2016年9月17日(棚田)


今回HISのツアーではオプションでナイトクルーズとナイトショーに行きましたが、正直どっちもいまいちというかせっかく来たから行くという感じでしょうかね?

市内にホテルを取っていればナイトクルーズを陸地から見ることができるので。。。 ナイトショーは雑技とかが好きな人はよいかもですね。

今回桂林旅行で良かった所を2か所紹介します。

漓江川下り

20元札の絵

桂林旅行に行く人が多い理由が分かります。 何と言ってもこの景色の素晴らしさ、真夏だと暑すぎかもしれません。 この季節は少し暑いですが、丁度よいかもしれませんね。

龍脊の棚田

龍脊の棚田

ここも日本ではあまり知られてないようですが、川下りと同じぐらいに絶景です。 また写真好きの人の撮影師専用中国人ツアーもあるようです。

願わくば一泊したいですね。分かりませんが、ここまで田舎だと星が見えるかもしれません。

上の写真(地図)はインスタグラムのキャプチャです。

桂林の酒店(ホテル)について。

桂林のホテルもぴんきりです。 ブログ内でもいくつか紹介しましたが、地方なので高級ホテルでも1000元以下ですね。 個人的には市内の中心が良いと思います。 日本のツアーだとあまり変なホテルは無いと重いますが、安いホテルは日本のイメージで行くと大変なことになるかもしれませんね。 (ちなみに私は許容範囲でした)

桂林旅行感想

私が見慣れているだけかもしれませんが、市内観光についてはちょっといまいちでしたね。普通の中国の田舎といったかんじでしょうかね。

紹介した2つはいずれも最低一日必要になってしまいますね。

龍脊の棚田は今高速道路が建設中なので、開通すればこれから先交通は便利になるかもしれません。

またガイドさんはこれから桂林の旅行代金はますます高くなるのではないかと話しています。どうやら市経営が赤字のようですね。

私としても今回はとても満足です。チワン族の棚田はもう一泊したかったです。

しかしもう来ないと思ったから展望台まで登ったのも事実です....また縁があればですね。

今回のガイドさん桂林の事をすごく詳しく話してくれました。またクレーム苦情の恐怖と中国の権力の話も多かったです。 楽しいガイドさんでした。バスがちょっと揺れてある人がクレーム出そうとして。。ちょっとビビってました。 ちなみにクレーム出した人は旅行会社で要注意人物として記録されるようです。

再びその人が来た時に特別に注意するようにするためだそうです。

根掘り葉掘り話してくれちゃいました


ツアーということでいろんな人がいます。家族で来ている方、夫婦で来ている方、友達と、個人で来ている方、いろいろいます、 私はめっちゃ人みしりですが、それでも少し人とと知り合うことができたりします。その点はよいかもしれませんね。 全く話さないツアーもありましたが。。。。

後日、このガイドさんから突然連絡が来ました。

日本語の文章を送ってきてよくわからないので見てもらえないかというものでしたが、私が見てもわかりにくく、最初少し勘違いしていました。

内容はどうやら別のツアーでお客さんからガイドさんへのクレームがきたようです。内容は大体以下

・観光地がしょぼい。

・食事の際に程度の悪いレストランへ連れていかれた。(日本人向けではない普通の中国のレストランだと思います。)

・ホテルのアメニティの品質が悪い、また掃除がされていない。汚いなど。

ガイドさんはツアーのレストラン、観光地、ホテルはすべて日本の旅行会社が決めたものだといいます。 そのツアーですが、通常10人以上参加のツアーなのですが、5人で参加だったようです。それだと赤字になるので旅行会社はそういうお粗末な設定をしたようですね。 観光地で行った公園もすべて無料の公園だったようです。

困ったのは案内するガイドさんです。にもかかわらずガイドさんがそういう旨をお客さんに伝えると、お客さんはガイドさんに逆切れされたと言ってクレームを出したようですね。

ちなみにホテルは私たちが泊まったホテルと同じホテルのようです。それで私に聞いてきたのでしょうかね(;^_^A

私は中国ならこんなものかと思ってましたが。。。。ならされすぎですかね。。。。。

ガイド業も大変だと思いました。

私もいろいろ個人なり、ツアーなりで各地を旅行していますが、食事がおいしいと思うのは本当にまれです。日本から本場の中華料理が食べれると思ってきた人は失望するかもしれません。




おしまい。