異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

私がよく利用する中国旅行-観光系アプリ3つを紹介します。

いよいよ中国の国慶節が迫ってきました(10-1~10-8)皆さんは何処に旅行に行かれますか?
と言っても中国にいる人は少ないと思いますが。。。駐在の皆様は日本に戻って休暇でしょうかね?
それとも日本に戻って日本で仕事?そういう人も知ってますが。。ちなみに中国のカレンダーは9-30(土曜日)も出勤日です。

中国の中国旅行-観光系アプリ。

いきなり話がそれましたが、本題に入ります。中国には旅行系のアプリがものすごい沢山あります。
去哪儿旅游、携程旅行、途牛旅游、同程旅游、阿里旅行、艺龙旅行、面包旅行、骏途旅游、百度旅游、驴妈妈旅游、蚂蜂窝自由行等結構沢山あります。アプリ化していないサイト、地方の旅行会社もあるので実際にはもっとたくさんあると思います。
そしてその中でどれを選ぶかはなかなか難しい物があると思います。
今回は私が利用している中国アプリを3つ紹介しようと思います。

携程(Ctrip)

シートリップは日本語アプリもありますが、日本語アプリはしょぼすぎて。。。。中国アプリを使用しましょう。
(日本語は無いが英語は選べたはず)

このアプリで利用する機能は飛行機、高速鉄道、ホテル、の予約、またその間の移動(タクシー)、送り迎え等です。
そのほか長距離バスなどの予約もできます。

実は一時期、他のアプリでも飛行機等を予約したことはあるのですが、キャンセル時に面倒なことになったので、それ以来は携程(Ctrip)だけを使っています。

ホテル等は携程(Ctrip)の金額が他のアプリより割高とよく言われていますが、安心できると思います。
どうしても安いのが良いのであれば、他のアプリでも良いと思います。実際ほとんどの場合問題はありません。
私は一度前払いしていたのに、お金を撮られたことがあり、アプリで問い合わせて返ってきたことがあります。


高速鉄道の予約システムはちょっと手数料に問題があるかもしれません。。
予約システムだけに及ばず、各都市の攻略やお勧めの観光地や旅行記を見ることができます。

途牛

基本的に1日旅行で、行きたいところにスポットで行ける現地ツアーがあったりするので利用します。
団体ですが、1日旅行などは移動時にしか制約を受けず、着いてからは自由行動だったりするのでで便利です。
ツアー量としては携程よりも多いと思います。
旅行に行きたいところをピンポイントで探せば大体は見つかると思います。
私は過去に九寨溝(一泊二日)、武隆(1日)、武当山(1日)の旅行に利用しました。
泊りの場合、事前に外国人が参加できるか確認する必要があります。
団体ツアーの場合で一人の場合、ホテルが一人部屋の料金がかかります。

游侠客

この游侠客は「撮影ツアー」があります。写真撮影が好きな人が集まるツアーです。
私は主にこの撮影ツアーを利用しています。游侠客自体は撮影ツアー以外にもあるのですが、
撮影ツアーは写真を撮ることを前提に考えられた内容になっています。

撮影ツアーという事で、普通の旅行ではあまり行かない場所があったりします。星の撮影ツアーなどは興味が無い人は全く興味が無いと思いますので。。。
游侠客のツアーも外国人が参加できるか事前に確認しています。実際に外国人は駄目だと言われたツアーもあります。
游侠客の一番の問題は一定人数があるまらないと決行されないことです。
そのせいで遠方に行く場合などは飛行機の手配が遅れたりします。(高くなる)
また、団体旅行なので一人の場合、見知らぬ人とホテルが同部屋になります。
サービス自体は良い方だと思います。またツアーに飛行機代、や食事が含まれていない者が多いので、
集合場所までは自分で行き、ツアー中の食事も基本自分で手配することになります。


移動手段の手配は携程(ctrip)を利用、ツアーは他のアプリを利用というスタンスです。
携程(ctrip)にもツアーはあります。

今回は旅行の手配に関してのアプリでしたが、次回は旅行時の便利アプリを紹介しようと思います。