異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

無錫の京杭大運河と小龍包-無錫-雪浪山撮影ツアー(2)

2018-5-27 無錫(清明橋歴史文化街区)


游侠客の撮影ツアーに参加してきました。1日旅行です。
江蘇省-無錫市の清明橋歴史文化街区(梁溪区)に来ています。
前回までの話はこちらになります。

www.sonnagaya.com

撮影が始まりました。それぞればらばらに撮影して、人が減っていったのは良かったのですが、おばちゃんなんかはポートレートに興味ないようで、とっとと単独行動に行ってしまいました。

ちなみに、ここは各自昼食をとって13:30にバスを止めた場所に集合という事になっています。

この古镇ですが、人が割と少なくて撮影しやすい場所かなと思います。

私達が撮影していると周りの人にちょっと変な目で見られている気もします。
友達は新しく買ったレンズ(SONY FE 85mm F1.8 SEL85F18)のデビュー戦だったようで、映し出される写真に感動していました。というか写真が上手くなった気がすると話してましたが、このレンズ中々良いようです。


一人GODOXのストロボを持って来ている人がいました。どうやら日中シンクロをするようです。さらにソフトボックスも持ってきてます。
この日は微妙に曇っていますが、シャッタースピードはそれほど低くないのですが、どういう感じの写真を撮っているのでしょうかね?
カメラはソニーのRX10(24-600のやつ)だったかです。その人の写真は6月に入った今も。。。一枚もまだ観てませんwww
どうなったのか是非観て見たかったのですが。。。

実は予報では雨が降りそうだったので私も持ってこようか迷ったのですが。。。めんどくさいことと重いからやめたのですが。。。

今回のこの古镇の写真、何となく絵にならない感じでしたが、これも実力ということでしょうかね。
いつもは写真の上手いおっさんがこの場所は良いとか、言って、撮影場所を決めるような感じですが、今回のおっさんの場所は???っという感じです。
またいつもモデルさんの真ん前で撮影して、後ろの事を考えないオッサン。。。。終わったら下がってほしいんですけど。。。
この辺はガイドさん、もっと引っ張って頑張ってほしかったです。

清明橋歴史文化街区(梁溪区)の撮影会がいったん終了して、昼食後、駐車場に集合という事になります。


古镇から出て、食事をする事にします。
モデルさんに聞くと無錫では小笼包と排骨が有名だと言います。
私は小笼包なんて上海にもあるじゃんと話すと、ちょっと違うと言います。。じゃあ食べて見ようと。。。。
小笼包、4つで(一両)9元だったのですが、結構皮が分厚くて、中身も多い小龍包でした。

そのほかチャーハンと肉団子を注文しました。

食事が終わってから再び古镇に入り、スタバでコーヒーを買います。少し雨が降ってきましたが、それもすぐに止みました。

友達はこの旅行。。。まあまあ満足しているようです。グダグダ感はいなめませんが。。。。 
そろそろ時間なので、バスに向かって歩く事にします。

バスに戻ると、みなさんバスの外で待ってました。どうやらエンジンかかって無いようで熱くて外で待っているようです。
私達がつくと、エンジンをかけてくれました。ww。
次は今回のメイン撮影地である雪浪山に向かう事にします。