異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

琅琊榜之风起长林(Nirvana in Fire Ⅱ)-46話

「琅琊榜之风起长林」は前作「琅琊榜」の次の世代のドラマです。

爱奇艺でも見ることができます。
http://www.iqiyi.com/a_19rrh9z6o5.html?vfm=2008_aldbd

残り5話です。

46話

狄明と萧元启は再び合い、相談をします。そして二人は皇帝も行く三月春の九安山での狩りで作戦を実行しようと決定します。

岳银川は手下に京城周辺の地図を探させます。岳银川は今現在もし兵力が足りない場合、萧元启は九安山で動くだろうと考えます。
もし兵力が足りるのであれば九安山に行く必要がありません。その場で行動すればよいだけです。
そして岳银川は荀白水が、亡くなる際に、最後に話した言葉を思い出します。
そしてこう答えを出します。

「陛下を救えるのは長林王だけ」

だと。そして手下の谭恒に琅琊山に行くように話します。

その頃、太后は身体の調子が悪く、皇帝は朝廷上で今年の春狩りは中止すると宣言します。
萧元启は困りました。。。
太后の説得を試みますが、太后も曲者です。結局説得できません。
そして萧元启は京城で事を起こすことに決定します。

萧平旌は元々帰るつもりは無かったのですが、荀飞盏が琅琊山までやってきました。
そして萧元启と墨淄侯が結託していることを確信します。
出卖国土、刺杀首辅,计划谋反。。。
これは許される事ではありません。
長林の責任を果たす必要があります。
結局林奚と大嫂と一緒に蓬州に行くずだった萧平旌は、荀飞盏と一緒に下山して皇帝を守りに行く事に決めます。

感想

とうとう事が動き出しました。
隠居していた長林王(萧平旌)が、再び動くという事ですが、敵は大量の兵士を率いています。どう動くのでしょうかね。
荀飞盏は相当熱くなっていますが、萧平旌はものすごく冷静です。成長して昔の面影はありませんね。
岳银川の手下、谭恒ですが、琅琊山に行く途中大量の軍隊を見て、結局引き返すことにします。この判断は結局正しかったという事になりますね。